FC2ブログ

オンライン風俗に関するユーザー意識調査 ~課題と今後の展開

前々回記事「オンライン風俗は『風俗の革新』となるのか!?」では新しい営業スタイルとしてオンライン風俗が試行されつつあることを、前回記事「大佐、オンライン風俗してみたんだってよ」(五反田デリヘルOtocha編)はオンライン風俗の体験談を取り上げました。

各店ともまだ試行段階ではありますが、現時点でユーザーはオンライン風俗についてどう感じているのか。日本風俗ストッキング党では公開世論調査を実施しました。

【オンライン風俗に関するユーザー意識調査】


結果は全体の6割弱が「関心がない・興味がない」と回答。「利用してみたい・検討中」は2割弱に留まりました。性的接触が大前提の風俗ユーザーにとってはあまり興味が持てないというところでしょうか。
もともとオンライン風俗は身体的接触を避けざるを得ない社会環境下において少しでも売上機会を作りたいというお店側の事情で始まったもの。ユーザーとしてのニーズがそれほどあるわけではなかったので、どこまでニーズ喚起できるのかがカギになります。

■どんなユーザーが想定されうるのか
そもそもこのサービスはどんなユーザーが利用する可能性があるのか考えてみました。

①もともとの本指名客でなかなか来店できない人
この状況下でなかなか会いに行けないユーザーで久しぶりに本指名嬢の顔を見たい、話したいというニーズがある人。お店や姫さまの少しでも助けになりたいというボランティア的動機がある人。

②会ったことはないが興味のある姫さまとお試しで話してみたい人
プロフィールや写メ日記では分からない姫さまのキャラクターや人柄を知る機会として利用したい。良さそうだったら次回来店して指名したいと考えている。

③ライブチャット的な使い方をしたい人
ライブチャットのユーザーが同様のサービスとして使う可能性があります。ただこれはアダルト系サービスが提供されないと興味を持たれないかもしれません。風俗営業法の届出の関係もあってオンライン風俗は非アダルト系でやっているところが多いです。

②料金設定の難しさ
まだ始まったばかりのサービスなので料金設定の相場観が形成されていません。
前々回記事「オンライン風俗は『風俗の革新』となるのか!?」では主要4店の料金を簡単に紹介しましたが、標準的な時間単位になると考えられる30分単位で考えると数千円~1万円超と決して安くはありません。
通常サービスの利用で2~3万円以上支払っているユーザーにとってもややハードルがある料金設定です。
「①もともとの本指名客でなかなか来店できない人」でもそうですし、「②会ったことはないが興味のある姫さまとお試しで話してみたい人」にはかなりハードルが高い価格かと思います。
オンライン風俗をサービスとしてお店がどう考えているかにもよると思いますが、コロナ禍が長期的に続くことを考慮して永続的なメニューとするのであれば、もう少しこなれた料金設定を検討する必要があるかもしれませんね。

③オンライン風俗の可能性
オンライン風俗が「風俗の革新」になるかは別として、このサービスは新しい可能性をユーザーにも提供してくれる可能性があります。
Otochaの Onlineコースは使い方のひとつとして「プレイ前の事前打ち合わせ」というコース設定があります。シチュエーションプレイを得意とするお店ならではでしょう。シチュエーションプレイあるあるですが対面して最初に「はじめまして。今日はこういう設定でこういう感じで…」では興醒めですから、こういう事前打ち合わせは利便性があります。
「贅沢なひと時の」 贅沢なZoom懇親会は料金的には1番安く(30分単位5000円)なので比較的長時間の利用にも向いています。姫さま方もTwitter等で「一緒に飲みませんか」と告知してますがオンライン飲み会的な利用法が考えられます。
「百合の園」合同イベント・ビデオチャットは10分3000円~の短時間利用が可能である点が「お試しで話してみたい。フィーリングが合えば次回会ってみたい」という人にも向いているでしょう。

いずれにしても新しいサービスなので生かすも殺すも私どもユーザーとお店次第。今後の展開に期待したいところです。


FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fc2user58229d

Author:fc2user58229d
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR