FC2ブログ

パパ活は風俗なのか

最近パパ活という言葉をよく聞きます。

Wikipediaによれば「女性を経済的に援助してくれる男性(いわゆる「パパ」)を探す活動を指す俗な言い方。援助交際の女性目線の言葉でもある。肉体関係の有無を含め、どのような支援をして貰うのか交渉を行い支援をして貰う」んだそうです。

「ふ~ん」という感じです(笑)。ちなみに「肉体関係を持つのはパパ活ではない。本当のパパ活は足長おじさん的なもの」と解説してるサイトもあります。
お食事したりお茶飲むだけで5000円~数万円を女の子に払うそうで、Hが伴うとさらに数万円だとか。そうなると援助交際というか個人売春ですね。プチ愛人と言った方がいいのでしょうか。

大佐はそもそも関心がありません。大佐がフィールドにしてるのは風俗であってパパ活は風俗ではないし。
別に脳内お花畑ではないので「売春なんてケシカラン」とも申しません。善悪の判断もしません。
「おやりになりたければどうぞおやりなさい」(©西武ライオンズ・堤義明オーナー)ですね。

パパ活は風俗という議論もありますが、少なくとも①お店が介在せず、②料金が定まっておらず双方の合意で決まる、③サービス内容が明確でない…ようなものは風俗とは言えんでしょう。
一説によれば、男性がパパ活にシフトすることで風俗産業の衰退を招いている(お客がパパ活に流れている)という説もあるようですが、果たしてそうなんでしょうか。

本稿では「肉体関係も伴う」ものも含めてパパ活と称しますが、風俗ユーザーがパパ活にシフトしているという見方には懐疑的です。
①コストが不透明でしかも高い。
②とにかく時間と手間がかかる。
③いろんな意味でリスクが高い。
④コストに対する対価がまったく担保されていない。
駆け引きとかやりとりを含めて楽しむ男性なら面白いのかもしれませんが、ざっと数えただけでもこれだけマイナス面(風俗と比べて)があるわけですから、一言で言えば「パパ活なんてのはな、勤勉な野郎がやることさ」(©なべ大佐語録)

そりゃ風俗からパパ活に鞍替えした人もいるかもしれませんが、シフトしているとまでは言えないんじゃないかなと思います。

FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

なべ大佐様

パパ活は、昔は考えられなかつだけど、男性の草食化に伴い発生したのかな?

最近のお姫様に、確認したり弱そうな男の子にお金をださせるのを楽しんでいるみたいです。
又、実際に結構、クラブにパパ活されたい男の子が出没するらしいですね。


パパ活されるように舐められたら私も、男の子廃業デスね!



No title

パパ活ねぇ・・・どういうルートで、お互い知り合うのでしょうか。その目的のサイトでもあるのかもしれませんが、自分は危ない雰囲気がして近寄れませんね(笑)。

こんにちは。

Twitterのそぱさんとやり取りされたネタですね。
彼は都合が悪くなると逃げ出してブロックしますのであまり相手されない方が(笑)

風俗勤務者のパパ活はHが有ろうが無かろうがいわゆる裏引きになると思います。

そして風俗以外では、例えばキャバ嬢とならH付き同伴を達成するのに大金をつぎ込むなら、風俗嬢じゃない好みの女性とパパ活という流れがあることにより、割りきりの関係がしやすくなっていると思います。

やってることは全て昔で言うところの援助交際と同じですから。

パパ活という単語が広まって、裏引きをしやすくなっているとは思います。だだ広い風俗業界から見れば極僅かだと思います。

Re: No title

萌える下心さま

コメントありがとうございます。
男性の草食化との関連は分かりませんが、現代ならではだなぁという感じはしますね。

パパ活されたい男子ですか…ママ活とでもいうのかな(笑)

Re: No title

飛不動さま

サイトもあるみたいですし、交際クラブと称する業態もあるみたいです。
庶民には縁がないな~(笑)

Re:

名無しさま

コメントありがとうございます。
Twitterでのやりとりにヒントを得て書かせていただきました。
自分は男女問わずパパ活される方について否定もしないし善悪の判断も特にないし自由にされたらいいと思ってます。大佐とは縁のない世界だなというだけで。

おっしゃる通りで大佐のわかるワードなら裏引きみたいですよね。風俗以外なら援助交際とか。
プロフィール

fc2user58229d

Author:fc2user58229d
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR