FC2ブログ

ローテンブルク③ KMさん妄想レポ(3回目) クリスマスに2人は…

【前回のあらすじ】夏、実家に帰省したなべ大佐は夏祭りの会場で高校の後輩Mさんに再会。地元の高校で教師になっていた彼女。帰り道で誘われるがままに彼女のアパートへ。そして2人は大人の関係に…。(詳しくはこちら



このクリスマス、なべ大佐はひとりで実家に帰省しました。父親の従姉妹の嫁ぎ先の父親の云々とかいう一度も会ったことのない親戚の17回忌の法要があるので出てほしいと実家から頼まれたのです。
クリスマスに法事をやるというのもよく分からないのですが(笑)。

実はMさんに会うことも帰省した理由でした。帰った日の午後、大佐はひとりでMさんのアパートを訪ねました。Mさんにあることを告げようと…。

「おかえりなさい!」
Mさんはニコニコして出迎えてくれました。あの夏の夜から数ヶ月。休暇を利用して上京してきた彼女とは何度か逢瀬を重ねました。とはいえ大佐は家庭のある身。いつも慌ただしい逢瀬でした。
「センパイ、今日はゆっくりできるんでしょ?」 深い関係になっても彼女は大佐のことを昔と同じ「センパイ」と呼びます。それは過ぎ去った青春の残り香を楽しんでいるようでした。
「今夜は隣町から叔父貴が来るんだ。だからそれまでには帰らないと」と答えると「そうなんだ…。叔父様もセンパイに久しぶりに会えるから楽しみでしょうね」とMさんは少し寂しげに笑いました。
いつもおとなしめのファッションを好む彼女ですが、今日はクリスマス仕様の大胆なミニスカドレスに黒のストッキング。大胆に露出した胸元に美熟女の色気が匂い立つようでした。「今日はクリスマスだもん💜」
Mさんはソファに座った大佐の足元で膝を崩すと甘えるように大佐の下腹部に顔を寄せます。思わず男性として当然な反応をしてしまった大佐は彼女を直視できてなくて顔を背けました。
「あのね、Mちゃん。真面目な話があるんだ」
「なぁに?」彼女はズボンの上から大佐自身を優しく撫でながら答えます。「センパイ、やらしいな~。高校の時はすごい真面目だったのに」と悪戯っぽく微笑みます。
「いや、あのね、Mちゃんは僕より若くて優しくて素晴らしい女性だよ。僕は大好きだ。でもこんなオジサンなんかよりもっと素敵な独身男性と…」と切り出した途端、「やめて…」掠れた声でMさんが囁きました。「やめてください」
「私はセンパイが好きなんです。昔から!高校の時からずっと! だから今のままでいいんです! 奥様と別れてなんて言わない!こうやって時々会ってくれればいいの」
感極まったMさんは大佐をソファに押し倒すと、泣きながら唇を奪うのでした…。

※写真は姫さまご提供のイメージです。姫さま使用許諾済。


えー、毎度おなじみですがこの前振りは120%妄想です(笑)
今月、姫さまがめでたく入店1周年記念とのことで「ノーパンパンスト」でお迎えするという企画に便乗して参りました。夏の続きのシチュエーションプレイをご相談したところ、クリスマス仕様ミニドレス+ストッキング(当然w)のご提案がありましたので「不倫の別れ話をするうちに燃え上がる2人」という相当おバカなシチュエーションプレイになりました。
おバカなのは大佐で、姫さまは主演女優なもんですからしっかり演じてくれました。

さらにベッドに押し倒された大佐はなぜか紐パンティで手首を、黒柄ストッキングで足首を縛り上げられ無抵抗のまま、されるがままに舐め倒されます。最後は姫さまのハンドに耐えきれず手のひらに暴発するという失態(苦笑)

本日もストッキング亀頭責めにチャレンジいたしました。これね、ハマると男の潮吹きが体験できるという最終奥義みたいな技ですが、やはり男の側が開発されてないと難しいんですよね。くすぐったいというか○しっこ漏らしちゃいそうというか。というわけで今回は不発。次回に持ち越しとなりました。

今年1年を象徴するような情けない吉原納めの幕引きとなったのです。ちょっとベストコンディションじゃなかったからね!(←言い訳)

【姫さま評価】
■ルックス
クールビューティーなんだけどお茶目な一面もあるのよ。

■スタイル
安定のムッチリ系。吸い付くようなしっとりしたお肌は変わらず。

■プレイ
随所に気遣いが感じられるプレイは変わらず。まだリアル30代前半ですから熟女ビギナーにもオススメしたいですね。

■総合評価 4.7(+0.2)
毎度面倒くさいシチュエーションプレイで申し訳ないんですが(笑)、今回も楽しく過ごせました。廊下の下駄箱に置いた靴を温めといてくれるとか。どうやって温めてたのかは教えてくれなかったんですけど、もう木下藤吉郎かと。
いやぁ、人妻って本当に良いもんですね~。

※本レポは日本風俗ストッキング党コンプライアンス委員会の監修の基に作成しました。大佐の妄想です。

(総合評価基準)
5.0:最高!必ず指名します。
4.0:良かった!入って後悔はしない。
3.0:悪くはないが良くもない。指名はたぶんしない。
2.0:ダメ。後悔する。
1.0:最悪。金返せ。

FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

なべ大佐

ニンニクです。
流石大佐!素晴らしい情景作りです。
自分のイメージ作りなぞ足下にも及びません。次回のお遊びの参考にさせていただきました(笑)

Re:

ニンニクさま

これはやはり熟女ならではでございますよ。ニンニクさんは若い子が好きだからな~(笑)

大佐先輩と本屋のまきちゃん(*´ω`*)
このシリーズ、この先どうなるのか…笑

Re:

清瀬さま

先日はお疲れ様でした&ありがとうございました。

新シリーズも含めて検討中です(笑)

No title

大佐さま

 マキちゃんは、「泣きながら唇を奪った」あとに、大佐センパイを「紐パンティやストッキングで手首、足首を縛る」という暴挙に出たのですね。これは、「ときどき会えるだけでいい」といいながら、実は大佐センパイを独り占めしたい欲望の表れですから、これから先はもっとドロドロした展開が期待されます(笑)。

Re: No title

飛不動政調会長さま

ストーリーがワンパターン化しそうですね。

なぜか毎回縛られる…みたいな(笑)


No title

大佐さま

しつこくて恐縮ですが、「今回は掌に暴発してしまった」ということで、夜のほうの主導権はマキちゃんが握ってしまったのではないかと心配です。先輩としてのメンツは保たれたのでしょうか?

Re: No title

飛不動政調会長さま

実に重要な問題でしてプレイ時において大佐センパイは完全にマキちゃんに主導権を奪われており、今回の失態でセンパイとしてのメンツは完全に失っております(笑)

大佐さま

男子の沽券にかかわるので、すぐ再戦をお勧めしたいところでしたが、良く考えてみたら嬉々として手首・足首を縛られている時点で、先輩のメンツは無さそうですね(笑)。

Re:

飛不動政調会長さま

そうなのです(笑)
センパイの威厳などないわけでして。
マキちゃんはストッキングで嬉嬉として縛られる先輩になぜ思いを寄せるのか…これがこの物語の真骨頂なのです(←嘘)
プロフィール

fc2user58229d

Author:fc2user58229d
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR