FC2ブログ

【キモ客上等!(笑)】第1回 俺の甘酸っぱい思い出選手権

もうすぐ春ですね! ベタな書き出しでスミマセン(笑) お遊びのときは全力で恋をしているなべ大佐でございますが、やはり我々にとって姫さまとは
「120分(110分・90分etc)の恋人」
だと思ってます。キモくてスミマセン(笑)

さて、以前ソーピアンさんからこんなコメントをいただきました。



ブログネタ、になるでしょうか。
皆様にとって忘れられない過去の甘酸っぱい思い出はありますか?まぁ他人から見ればキモいのかもしれませんが、ぜひ聞いてみたいと思うのです。
テーマに取り上げていただけると幸いです。
恋?愛?情?それとも勘違い?全てが混じり合ったそんな関係もあるはずです。




「ハイ、ブログネタになります!」(笑)

ちなみになべ大佐の甘酸っぱい思い出と言えば若かりしころの思い出記事「 デリヘルで初めて○番した思い出を語ろう」です。キモくてスミマセン。

もうすぐ春ですから、ちょっとこんな話をしてもいいだろうということで、皆さまの思い出を募集します。

題して!

【キモ客上等!(笑)】第1回 俺の甘酸っぱい思い出選手権

姫さまとの心温まるエピソードを募集します! ふるってお寄せ下さい。

※画像と記事は関係ありません。

FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

ナベ大佐殿


この話題、私にとってはエピソードがありすぎてどれを書いたら良いのかわかりません(笑)

No title

大佐さま

甘酸っぱい思い出は、4年前に通った女の子から黄色い鳥の定期入れを貰った事かな。ずっと大事にとっておいたのですが、最近、子供が電車で塾通いすることになり、どうも子供に定期入れは譲ることになりそうです。子供はどういういきさつで父がその定期入れ私手に入れたか、知る由も無いでしょう。

Re:

ばちょくらー師匠

とっておきのをお願いします!

Re: No title

飛不動さま

それは素敵な由来の定期入れですね(笑)

父から子に受け継がれ大切に使ってもらえれば姫さまも喜ばれるでしょうが、由来がややこしすぎて秘匿せねばいけませんな。

はじめての。

はじめてのオキニの話です。当時わたしは30前半で何度かソープ経験がある程度でしたが、某店の出稼ぎレア出勤キャン待ち嬢にハマりました。
月一度4勤ほどで地元に帰る、で2年ほど在籍していたでしょうか。メール交換で姫予約を頼み、出勤日をこちらに合わせてくれたり、時には指名出勤までしてくれた彼女は私を特別扱いしてくれていたのです。

彼女の卒業を知り、最後にプレゼントを選びたいから一緒に某ショップに行こう、と店外デートに誘いオーケーに。

当日はスタイル抜群の彼女の私服にドキドキ。一緒にプレゼントを選び、『じゃあ食事でも、、、(心の中ではその後はホテルでも)』と言うと『え?次の予定があるからごめんね。最初からそう言ってくれればいいのに』と。

その時悟りました。特別扱いは『あくまで客の中では』という前提だったのですね。最初からもし言ってても無理だったはずで、これは断り文句だと。

今でもあの彼女の拒絶的かつ美しく、そして付け入る隙のない笑顔が忘れられません。これを教訓に今では楽しいソープライフを過ごしております。

アレがなければ、今頃はカンチガイ店外強要オヤジになっていたと思います。くわばらくわばら。

Re: はじめての。

ソーピアンさま

スレッガー中尉の言葉を借りるなら「悲しいけど、これ風俗なのよね」ですね。結局はお客さんなんですよね~。どんなに親しく仲良くしててもそこは忘れてはいけないのでしょう。これも経験なり!

なべ大佐殿

とっておきクラスのネタはドン引きでは済まされないので(笑)、話せる程度のネタでお許し下さいf^_^;

とりあえず一ネタ、姫さまから誘われて泊まりでスキー旅行へ行った時の話です。

普段の会話から、スノーボード🏂全盛の時代に珍しくどちらもガチのスキーヤー⛷だった事から、いつか行こう行こうと話しており、ついに実現する事となりました。

私は日帰りを想定していたのですが、何とせっかくなら雪質の良い所、かつ、温泉♨️も堪能出来る所が良いとの事でまさかの泊まりでの旅行に。

勿論部屋は同じ部屋です。スキーをガチンコで楽しんだ後に食事を嗜み、部屋へ戻ると、、、良くある和室に布団が2組、ピタッとくっついた状態に。。。
布団に二人して潜り込みたくさん会話をしつつ、そろそろ寝る時間に。
会話が途切れ、姫様の表情がだんだんとそのモードに(〃ω〃)

ここでばちょくらー選手、変なプライドを見せつけ、
今回はスキーに来てるんであって、え◯ちしに来てる訳じゃないでしょ( ̄▽ ̄)、と心の中の気持ちとは裏腹にまさかの姫様からのお誘いを拒否(笑)

姫様がどう思ったのかはわかりませんが、翌日もたっぷりと雪の上を滑った二人でした⛄️

自分の振る舞いとはいえ、結果として布団の中で「チャンスを逃したのか?感」と戦い悶々とした夜を過ごしたのは私の中での甘酸っぱい思い出の一つです😅

Re:

ばちょくらーさま

甘酸っぱいというより「あま~い」エピソードですね!
ご人徳です。

No title

>大佐さま

実はこの女の子とはほろ苦いエピソードもありまして、、。

店に通ってるとき、女の子が、ほかの客からはよく店外に誘われると話してくるわけです。でもそれはNGでしょう?と私が聞くと、そうです、だからできないんですが、お店を辞めたら行ってもいいかなと考えているんです、なんて言うわけです。

じゃあ、辞める時は私とも食事に行ってくれる?と聞いたらOKというので、はてさて彼女が店を辞めることとなり、最後の登楼のときに、そのことを切り出してみました。

ところが彼女、そんなこと一言も言っていないような表情で、「お店を辞めたら私と飛不動さんは普通の友達ですよ」なんて言うわけです。

店外を匂わせて客を引き留める作戦だったのかもしれませんが、女の子は腹の中では何を考えているかわからないな、と勉強になったエピソードでした。これを機会に、私は姫さまとは「店の中だけの関係なのだ」と割り切れるようになりました。

Re: No title

飛不動さま

甘酸っぱいというより「ほろ苦い」でしょうか。

そういうもんですよね。割りきりが大事。

No title

甘酸っぱい思い出

昭和50年代の思い出、吉原のお気にお姫様が、今月退店して、来月には、
実家の秋田に帰るので、思い出に横浜観光したいと誘われて、外人墓地
港や中華街と楽しいデートでした。お店と違い何もかも新鮮でした。
普通の洋服だけで感動しましたね、、、、

夜もホテルで待つたりと仕事と甘えるのは違うね時間心配する事なく恋人気分で過ごしました。
朝、すっきりした気持ちで田舎に帰ると
嬉しい事を言ってくれました。御礼は、一切受取らず、
私の気持ちと、運転免許証を見せてくれて、本名を明かしてくれました。

このお姫様の、出逢いがソープ通いの原点です。。。。。

Re: No title

萌える下心さま

いいね!いいですね。

そういうお話、素敵です。

No title

なべ大佐様

お褒めいただきありがとうございます。

このお姫様こそ、クラミジアを分けた頂いた 第1号です。。。
それでも通い続けたお姫様です。必ず90分3ラウンド癒していただきました。

この当時、この店のシステムは、画期的で進んでいて、お姫様を写真で指名すると、真っ暗の中スポットライトの中に登場して、なべ大佐様御指名ありがとうございますの挨拶があります。

お姫様からは、スポットライトのためお客様の顔が見えないので、小心者でもお姫様チェンジができるシステムでした。

面白い企画ありがとうございます。
思い出に浸る事が出来ました。

Re: No title

萌える下心さま

斬新な演出のお店ですね。

当時もそんなお店があったとは…。
昭和50年代のソープって今とはだいぶ雰囲気も違うんですかね~。

No title

なべ大佐様

昭和50年代のソープ。。。。。。。今昔

ソープではなく、トルコ風呂が正式名称でしたね。

オイルの無い時代で石鹸で泡立てていましたね。。当時は、姫様を泡姫と呼んでいました。今は、マット省略がありましすが当時は必ずありましたね。
当時の吉原は、スチームバスに入りましたね、
お姫様が、肌が荒れると嘆いていましたね〜

一番の違い
スキンなどなく、全て本番でしたね。エイズ問題からスキン着用になりましたね。
但し、金津園の高級店は、ノースキンが売りでした。


金津園発祥と思いますが、すけべ椅子。。。。けっこう楽しみでした。
名前忘れましたが斜めになるベッドとか。。。
産科のベッドもありましたね。。。。。
けっこうな大道具でしたね。今ではもあるのかな❓

姫様選びは、基本できなくて運次第でしたね〜〜
後は、黒服と仲良くなって、好みお姫様をゲットするか

今は、情報量が多くて幸せですね〜




No title

萌える下心さま

興味深いお話ありがとうございます。

花村萬月さんの小説「惜春」は70年代の雄琴ソープが舞台となっており当時の雰囲気を垣間見えるのですが、S着が当たり前→NS導入するシーン(当然姫さまは猛反発)があります。
雄琴と吉原の違いはあるかもですが、そのあたりからNS主流になったのかなぁ。
金津園のはピンクチェアとかゴールドチェアのことですかね。老舗の高級店なんかには健在のようですよ。自分は未経験ですが。

HPなんかもないわけですから当時の予約はボーイさんと相談しつつ出たとこ勝負みたいな感じだったのかな。興味深いですね。

No title

なべ大佐様

ピンクチェアとか懐かしく、久々に金津園の地図見たら、店舗が減少して寂しいですね〜

高級店の値段もデフレしてますね〜

艶の超人気お姫様のお話。6階のワンフロア独占のお姫様。。。


高級店は、NSが当たり前の時代でしたが、臆病な私は、S着でお願いして
おりました。

プロ中のプロで、すでに1.5回戦ボーイであつた私をあっと言う間にS着で2回戦終了。
マッタリ時間を過ごしていると、お姫様がプライド許さないと
ナントなんと止めるひまなくNSで3回戦終了のゴングでした。

エイズという難病の危険を冒しても、お客様に尽くす誠意の表現という事でした。

嬉しいような悲しいような風俗大好き人間には、複雑な出来事でき事でした。

この出来事から、少し風俗から離れて一般の方々と仲良くなる道程に
拍車がかかりました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

萌える下心さま

お!あの姫さまですね。
これは期待できそうですね。よい登楼を!
プロフィール

fc2user58229d

Author:fc2user58229d
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR