FC2ブログ

人妻デリヘル「百合の園」レポ⑫ 中年不倫カップルは品川のホテルへ❤

人妻デリヘル「百合の園」と言えばガーターストッキングがデフォルトというのが大佐好みなのですが(笑)、良嬢率の高さと受付スタッフの感じの良さで知られています。
大佐も「しっとり落ち着いた人妻さんとしっぽり…」というときは利用させていただく良店です。ちょっと語弊はあるかもしれませんが「良い意味で普通っぽい清楚な人妻さん」というイメージの方が多いです。

今回ネット指名でお相手いただくのは品川店のRさん。大佐とは初対面なのですが実は(?)初対面ではありません。
5月にお店の新サービス「ビデオチャット」で一度対面しているのです(レポはこちら)自撮りでたびたびご紹介いただくストッキング美脚とユニークなブログ(写メ日記)に注目していたのですが、ビデオチャットでお話しても初対面ながら大変楽しかったものですから「一度お会いしたいものだ」との思い今回ご指名させていただきました。


さて当日。品川駅高輪口のマグドナルド前。
通常「百合の園」では待ち合わせ場所で待っていると携帯に姫さまから電話がかかってきてご対面という流れなのですが、今日は電話がかかってくる前に小走りでやってくるマスク姿の女性が。

「大佐!」

姫さまの登場です。画面越しとは言え一度お会いしてますから初対面という感じもせず、ごくごく自然に合流です。
ビデオチャットでもそうでしたが、姫さまは清楚な佇まいのお写真のイメージと違ってコロコロとよく笑う明るい人妻さん。
スカートからスラリと伸びる脚は勿論ベージュのストッキングに美しく包まれています。

「ご予約いただいたときからずっと緊張しちゃってって」とニコニコと話される姫さま。
デイユース予約してたビジネスホテルに向かう途中、ごく自然にそっと腕を絡めて来られます。
さながら中年不倫カップルのような「昼間の品川で人妻とホテルの部屋へ…」という背徳感が大佐のネェル・アーガマを刺激するのです…。変態でスミマセン。


■総合評価 4.7
さて今回は「ビデオチャットで対面済みの姫さまにネット指名する」というポストコロナ時代ならでは(?)の新展開でした。
なかなか普及しない風俗におけるビデオチャットサービスですが
実際にネット指名する前の相性チェックするという使い方もありですね。
明るく笑顔の絶えない姫さまであることはそのときにもよく分かっておりましたが、拙ブログのことなどお話も大いに盛り上がり楽しいひとときでした。

もちろんお話だけではありません。
スレンダーボディ&美脚の姫さまの120分ねっとりと絡みつくような密着プレイに最近不調のネェル・アーガマも絶好調。姫さまのほっそりとした指先の中にハイパーメガ粒子砲を大量発射してしまったのであります。
「百合の園」は120分コースが基本コースなのですが、120分が短く感じる時間でした。姫さまに次の予約がなかったら延長したいところでしたよ。
というわけで文句なし!高評価4.7とさせていただきます。

余談ですが姫さまとはシティヘブンの【あなたとの相性】が93%と高マッチングだったのですが、あれ当たってますね。



(総合評価基準)
5.0:最高!必ず指名します。
4.0:良かった!入って後悔はしない。
3.0:悪くはないが良くもない。指名はたぶんしない。
2.0:ダメ。後悔する。
1.0:最悪。金返せ

FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。

【祝!6周年】6月のフロ(26)の日は…

6月のフロ(26)の日は…。そう!拙ブログ開設記念日です(笑)
今年で6周年ということになりました。誠にありがとうございます。

もともとはお遊びの備忘録的に始めたものですが、最近は風俗雑感ブログというか「レポートの少ない風俗ブログ」という些か変わったポジションにおさまっております。

何せ「一億総口コミ時代」ですから、個人のレポートなんてのはあまり意味がないのかもしれません。国内最大の風俗情報サイトが口コミを始めてますからね。

コンプライアンスの問題もありますし、最近は大佐が同志諸兄に自信をもってご紹介したい!もっと売れて欲しい!という良店、良嬢さんをご本人様のご了解を得てご紹介させていただいております。もちろん見返りはありません。

さて大佐がこのお遊びを始めたのは21世紀に入るか入らないかという頃のことですが、風俗業界も随分と様変わりしました。
ネットの普及、紙媒体の衰退、風俗情報サイトの隆盛、写メ日記の普及による姫さま方のお仕事の変容、SNS利用の拡大…などなど。最近では新型コロナ流行による様々な変容、そして姫の革新と客の革新。
拙ブログのような存在もその徒花みたいなものですが、それはまた稿を改めるとして、風俗というお遊びが人対人のものであることは揺るがないと思っております。
先行き不透明な時代ではありますが、風俗というお遊びを通じて同志諸兄と交流する場でありたいというのが自分の願いです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。


©写真AC

FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。

【速報】「ヘブンQUEEN決定戦の対応は白紙」日本風俗ストッキング党

【毎朝新聞】19日、国内最大の風俗ポータルサイト「シティヘブン」が7月に「ヘブンQUEEN決定戦」を開催することを明らかにした。シティヘブン公式Twitterによると「ミスヘブン総選挙2020番外編」として位置付けられユーザー会員(部門別)と女の子会員(エリア別)に分けて投票によるランキング発表を行う模様だ。
日本風俗ストッキング党のなべ大佐総裁は「ポストコロナにおける総需要の底上げと来店数の増加を図るべきときに意味のあるイベントなのか」と企画自体への疑問を呈した。
日本風俗ストッキング党では昨年の総選挙地方予選ではストッキングへの見識の高い女性キャスト16名を党推薦し8名が全国に駒を進めるなど「ストッキング500万票」(なべ大佐総裁)とも言われる党の存在感を示していた。
今年4月以降の「入店ほやほや口コミ合戦」「俺のオキニ応援合戦」については「企画意図が不明で業界の発展に寄与するとは思えない」として静観していたが「ヘブンQUEEN決定戦」についても、なべ大佐総裁は「総需要の底上げと来店数の増加を図るべきときに意味のあるイベントなのか」と疑問を呈し「党としては詳細が明らかになるまでは白紙」としている。「そもそもミスヘブン番外編といいながらクイーンというのも理解できない」(党幹部)との声も党内には根強く「企画自体へのストッキングのウェイトを考慮して判断するのだろう」との観測が流れている。


FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。

【速報】都知事選に有名女性キャスト擁立? 日本風俗ストッキング党

【週刊文秋】来月行われる東京都知事選に関して日本風俗ストッキング党東京都連が水面下で候補者擁立を進めていることが明らかになった。複数の関係者によると候補者は風俗店に在籍する有名女性キャスト。
「ポスト・コロナ」における経済不安が懸念されるなかで同党では風俗産業の再建に注目。「風俗消費の経済波及効果は大きく財政支援、規制緩和と適切な感染予防で経済活性化を目指したい」(なべ大佐総裁)としている。
同党は2017年の都議会選挙でも候補者擁立しているが議席ゼロに終わっている。(「【妄想NEWS】日本風俗ストッキング党、豊洲移転問題で新提案 都議選に候補者擁立」参照)
その反省を踏まえて男性ユーザーの支持があり女性からの好感度も高い有名女性キャストへの出馬交渉を進めている模様。現職有利とも言われるなかで「ストッキング100万票」とも評される都内のストッキング愛好家票が都知事選の台風の目になりそうだ。


©写真AC

FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。

なべ大佐語録 その16

東京アラートが解除になりました。
「新しい生活様式」のもと拙ブログでも「新しいプレイ様式」を提唱しておりますが、それはそれとしてお遊びを再開される同志諸兄も多かろうと思います。

そんな今日この頃の「なべ大佐語録」第16弾です。

■「良嬢の確信」は写メ日記から生まれる

姫さま選びのツールとしてはあまり写メ日記を使わないのですが、予約したあとに写メ日記を読んで「なるほど、こういう方なのか」「お店の紹介文に〇〇と書いてあったがこのことを言ってたんだな」と確認することがあります。
「文は人なり」と申しますが、文体や言い回しなども含めてその方のキャラクターというのは何となく察せられるものです。
「この方を選んで間違いないだろう」という「良嬢の確信」はこのときに生まれるのです。

■喘ぐは恥だがコーフンする

同志諸兄もそうだと思いますが、お相手いただく姫さまは自分より年下のことが多いです。そんな年下の女性にいいように弄ばれて大声で喘いでいるわけです。お恥ずかしい限りです。
この「喘ぐ」という行為。男にとってはなかなか恥ずかしいものです。今でこそ「AV女優かよ!?」とツッコミたくなるような立派な(?)喘ぎ声の大佐ですが若いころは恥ずかしくて「吐息を漏らす」程度でした。
何人かの姫さまに調教されて殻を破ったように声が出せるようになったのですが、「喘ぎ声の相乗効果」とでもいうのでしょうか、喘ぐに連れてどんどんと気分が高揚し快感も高まっていくのです。
「恥ずかしい」と思わず、一度演技でもいいので声を出されることをオススメします。ちなみに姫さまの責める意欲も刺激するようで最後は大盛り上がりすること間違いありません。

■お酒はぬるめの燗がいい、ローションは熱めの方がいい

八代亜紀さんの「舟唄」の歌詞のようですが(笑)、プレイ時にローションを温めて使われる姫さまは多いです。やっぱり冷たいと「ヒヤッこい!」となってしまいますからね。
大佐はローションの温度は「熱い」くらいがちょうどいいと思っております。火傷しない程度に…というのは勿論ですが、どうせ使っているうちに温度は下がってしまうもの。熱いローションの方が安心して身を任せることができて気持ちいいのです。
個人の好みもあると思うのですが、「熱々ローション」は是非お試しいただきたいものです。


©写真AC
FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。

現場百遍と自撮り百見

刑事ドラマがお好きな方はご存知でしょうが、現場百遍とは事件の捜査は現場が基本、まず事件現場を見ろとの考え方を示したものです。
風俗遊びも似たようなところはありまして、いくらシティヘブンを眺めたり拙ブログのようなレポートを熟読しても意味がありません。現場(お店)に行って遊ぶことが大事な経験値になります。
かといって何のリサーチもせずに無意味に突撃を繰り返すのも愚策です。やはり自分の好きなタイプ(容姿、キャラ含めて)の姫さまを選んで楽しく遊びたいものです。

姫さま選びに際してお店HPのプロフィール、パネル写真は公開情報なわけですが、もうひとつ同志諸兄が重視しているのが写メ日記でしょう。

ちなみに世の中にはたまに「女の子の容姿は関係ない。ボクは人柄や性格しか見ません!」とイキってる人がいますが、もうちゃんちゃらおかしくて「ボクは早くお布団でお休みなさいね~(一生寝てろ)」と申し上げたい。

姫さま方も自分の魅力を際立たせようとパネル写真を季節ごとに撮り直したり、写メ日記の自撮りで自分をアピールしようと一生懸命なわけです。できるだけお客さんの目に止まるように、そして選んでもらえるように。それを「容姿は関係ない!」とは何事かと思います。そういうセリフは大佐みたいに「女装したドズル・ザビみたいな姫さまにヌいてもらってから言え」と思いますね(笑)。
人柄や性格も大事ですが、容姿が関係ないということはないのです。

閑話休題。
プロフィール写真は大概綺麗に見せるように修正を施してありますから、リアルとは大幅に乖離があるケースもあります。いわゆるパネマジですね。
それに比べて写メ日記の自撮りはリアルに近いはず…というのは今は昔。加工アプリが発達したおかげで自撮りよりプロフィール写真の方がリアルに近いという逆転現象もあるくらいです。
とはいえ加工がまだまだ甘い自撮りも散見されますので、情報源にはなり得ます。

最近の大佐は新規開拓も減ってしまいましたし、ある程度候補を絞ったらお店の「プロフィール紹介文」で決めてることが多いので自撮りは参考にしたりしなかったりなのですが、自撮り百見すれば鑑識眼も磨かれます(笑)

①自撮り写真の目は見ない
目は人間の顔の中でも最も相手に印象づけられるだけに加工の対象になりがち。黒目がちで潤んで大きめにするとそれだけでユーザーには好印象ですが、それだけに騙されやすいパーツです。だから見ない。見なければいいのです。

②まず顎を見ろ
顎を極端に小さくしてる自撮りは加工度合いが大きい。即ち信頼性が低い。逆に加工していない場合、お化粧などでは隠せない年齢がモロに出る部分でもあります。だから顎は大事です。

③ぶっちゃけ自撮りは難しい。自撮りはイマイチで当たり前
妙に上手い自撮りには警戒すべきなのです。普通はちょっと下手なくらいでちょうどいいレベル感だと思います。逆パネマジというと語弊がありますが、それくらいの量感で実際にお会いすると「お、カワイイじゃん」となることが経験上多いと思います。

自撮り百見して現場を踏む…やはりこれの繰り返しで自らの鑑識眼を高めて行くしかないようですよ。
そして写真ばかり気にしても仕方ないのがこのお遊び。最後はインスピレーションと覚悟です!(笑)


©写真AC

FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。






「キス禁止」は子羊の如く…🐑

「ハレ系グループの決断は「ポストコロナ時代の新しいプレイ様式」になるのか?」でも取り上げましたが、新型コロナ感染予防のためついに「キス」を禁止するお店が出ました。
また金津園の某有名高級店は「DK禁止」(ライトなのは良いそうです)を表明しています。
「キス」は一部の業態(風俗エステなど)を除き最も基本的なサービスですし、大好きな同志諸兄も多いと思いますので非常に衝撃的でした。大佐も大好きなもんで。
そもそも「キス」を禁止したところでプレイ中の感染リスクがどの程度変わるのかというのは難しいところです。文字通りの濃厚接触を減らすことは効果は多少はあるかもしれません。

日本風俗ストッキング党では「風俗店におけるキス禁止」について公開世論調査を実施しました。

【風俗店におけるキス禁止について】


結果はユーザーの苦悩の声だと感じております。「風俗ではキスはしたい。しかしながらオキニさんに会うためにキス禁止されるならやむを得ない」と。逆に言えば7割のユーザーは「キス無しのお店にあえて行くことはない」とも言えるわけで経営サイドとしても厳しい調査結果になったとも言えるでしょう。

大佐としては今回のお店の決断についてとやかく言うつもりはまったくありません。現下の状況において難しい判断をされたと思いますし、あえてユーザーに訴えるという点で英断であったとも思います。

↓これが大佐のホンネですかね(笑)


FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。


オンライン風俗の必要性と今後の展望 ~新しい遊び方提案ができるか?

最近オンライン風俗(ビデオチャット)の記事や体験談ばかり書いております。

「オンライン風俗は『風俗の革新』となるのか!?」
「大佐、オンライン風俗してみたんだってよ」(五反田デリヘルOtocha編)
オンライン風俗に関するユーザー意識調査 ~課題と今後の展開
なべ大佐のオンライン風俗体験記(人妻デリヘル・百合の園編)

©写真AC
コロナ自粛の社会的圧力のなか売上げ確保と姫さまの収入確保の手段のひとつとして幾つかのお店で試行的に始まった新サービスですが、あまり広がりを見せておりません。そうこうしているうちに緊急事態宣言が解除されたので業界的にはオンライン風俗よりも本業のテコ入れに必死なのでしょうが…。

「オンライン風俗に関するユーザー意識調査~課題と今後の展望」でも書いたのですがユーザーの6割は「利用したくない・興味がない」と回答する新サービス。
ただ「第二波は必ず来る」と言われているなかで営業自粛とまでは至らずとも客足が更に落ち込む可能性は高いわけで、風俗業界はこのリモートサービスによる収益確保をもう少し真剣に考える必要があるように感じます。

今回実施したのは「オンライン風俗を利用しない理由」を尋ねるリサーチでしたが、風俗ユーザーには「魅力を感じない」サービスであるのが鮮明になりました。「風俗サービスがないから(25%)」も合わせると性的接触、身体的接触が伴わないサービスは風俗ユーザーには受け入れにくいようです。

ライブチャットのようなエロに走ればいいのかというとそれも違うような気がします。「画面越しの先には実際に会えるチャンスがいくらでもある。別途お遊びに行けばリアルにエッチなことが待っている」がオンライン風俗の特徴なのですから、風俗業界には「新しいお遊びのひとつとしての提案」を求めたいところです。

FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。



プロフィール

fc2user58229d

Author:fc2user58229d
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR