FC2ブログ

パネマジに思う

拙ブログでも再三取り上げている「パネマジ問題」

こういうテーマを取り上げると発狂して攻撃してくる方がいるのでまず大佐の見解を記します。以前にも書いたことですので再掲載です。



■パネマジの最大の罪はすべての人を不幸にすること

まず最初に申し上げますが大佐はすべてのパネル修正を否定していません。これは再三申し上げております。身バレ防止は必要ですし、ビジネス上の理由で「キレイに写す」ことは大事です。
ただあまりにも社会通念上のレベルを越えたパネマジは客の不満を招き、姫さまへの失望と店への不信を招く。客はそんな姫さまをリピートすることはないし店は二度と利用されない。すべての人を不幸にするのです。
パネマジはネット集客が当たり前になった平成の悪しき風習ですがこのまま令和の時代にも持ち込まれるでしょう。残念ながら。




先日残念なお話をネットで拝見しました。

あるお客さんが姫さまとご対面。「パネル写真と違うから帰る」「君が悪いわけではないけど」とお客さんが帰ってしまったというのです。お代の返金は求めず帰られたということですからなかなかの剛の者です。

姫さまも傷つかれたと思いますが、お客さんとしても苦渋の決断だったと思います。
パネル写真と実際の解離度がどの程度だったのか分かりません。許容度は個人差もあります。そのお客さんの許容度が極端に狭かったのかもしれないし、乖離自体が大きかったのかもしれません。

大佐はこの局面で帰るということは絶対に出来ない。だってもう臨戦態勢ですから(笑)
大佐はペガサス級強襲揚陸艦クラスのパネマジでドズル・ザビを可愛くしたような方であっても発射は必ずしてきた男です。情けない男ですよ…。

このケースについてお客さんの行動を批判する声も散見されました。
大佐は批判は違うと思います。パネマジへの不満を内心に抱えたまま接客を受けても「騙された感」が強く楽しく過ごすことはできなかったのでしょう。そんな気持ちで接客を受けても顔に出てしまうかもしれない、それよりは…という苦渋の決断ではないでしょうか。

「人は外見ではない。中身が大事」と世間一般には言われます。
いや、それはその通りなんですけど風俗は違うから。美しい容姿あるいはお好みの容姿をを求めてお客さんは来店してるんです。
中身はお会いしてから確認してもらえばいい。

ただ「パネル写真と違うから」は姫さまに告げなくてもよかったかもしれません。ご覚悟あってこのお仕事をされているとはいえ面と向かって言われるのは女性には酷な話です。「ごめん、用事を思い出して」でもよかったのかもしれません。

ただお店はこの事実を厳しく受け止めていただく必要はあるでしょう。どのような事情があるにせよ最終的にパネルを載せたのはお店なのですから。
パネマジの最大の罪はすべての人を不幸にすることなのです。

FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。









プロフィール

fc2user58229d

Author:fc2user58229d
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR