FC2ブログ

風俗店メルマガの墓場?

そういう同志は多いと思いますが、大佐はそのお店に興味があり「今度行ってみようかな」と思うとまずお店のメルマガを登録します。情報収集のためですね。

そんなこんなで風俗店メルマガ専用アドレスには毎日数十通のメールが届きます。結局ほとんど未開封です。どっか新規開拓しようかなというときにチェックするくらいです。
あとから「何でこのお店のメルマガ登録したんだっけ?」と後から疑問に思うこともしばしば。
でも登録したときは「あ、面白そう」と思ったはずなんですが(苦笑)

■ある日の風俗店メルマガ専用メールBOX


結局「行ってない理由」というと色々ありますが、

①時間が経つうちにそのジャンルへの興味が薄くなってしまった

ひところ韓デリに興味があって色々調べてメルマガ登録したんですが、今は興味がなくなってしまった…みたいなパターンですね。

②新規開拓する意欲がなくなってしまった

これ一番大きいかも。
新規開拓まったくしてない訳ではないんですが、既存の姫さま方が素晴らしすぎて、もう皆さんを巡回してるだけで満足しちゃってる。風俗ブロガーとしてはダメですね(笑)


そんなこんなで大佐のメールBOXは風俗店メルマガの墓場みたいになっちゃってます。
それでもふと思い立ったときの重要な情報源ですので、これはこれで大事なわけです。

FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。



すすきのソープ シークレットオフィスお店レポ①

すすきのソープといえば「タッチVIP」「エルカル」が有名です。
もちろんこの両店はすすきのビギナーとして当然お邪魔しておりますが、すすきのソープのレベルの高さを感じる良店でした。

実は大佐はもうひとつ行ってみたかったのがすすきのソープ「シークレットオフィス」。こちらは某有名AV女優OKさんを輩出したお店として有名です。ちなみに在籍時はホントに予約が取れない人気姫だったそうです。


60分18k(指名料別2k・入会金1k)のお店。30k台が高級店価格帯(タッチVIPやエルカルはココ)のすすきのソープとしてはスタンダードな価格帯ですが、このお値段でOKさんとお遊びできたというのですからすすきののレベルの高さが分かります。
札幌出張中に急に日中の時間が空いてしまったので電話予約して行ってまいりました。

お店はすすきののファニービル5階。同じビルには別のソープ(MIKADO)も入っております。雑居ビルに複数の風俗店が入居してるというのはすすきのの特徴ですね。

エレベーターで5階に上がると受付です。
受付の前で一戦終えた若い2人組の同志とすれ違いました。待合室にも3人ほど待ってる同志がいらっしゃいます。平日の昼間ですがご盛況のようですね。
さてこちらのお店はほぼ年中やってるシークレット割(お店HP参照)があります。申告すると60分が18k→16kになりました。指名料・入会金込で総額19k。

ユニークだなと思ったのは奥のお風呂スペースと手前のベッドスペースがガラス扉できっちり区切られてたこと。冬場もお風呂の湿気で室温をキープしようというお店は多いと思いますが、湿気が不快という方もいらっしゃるはず。お部屋自体はガッツリ暖房効いてますので暖かくて快適です。
外気温が氷点下のすすきのソープの方が吉原ソープより暖かいってどういうことだよと毎回思いますね(笑)

今回、大佐がネット指名した姫さまはDカップ・スレンダー系スペックの姫さまでしたが、プロフ表記通りの小顔スレンダー美人さん。プロフ表記の信頼性は高そうです。
完全にスタイル重視で選んだのですが、なかなかのテクニシャンでもありました。ローションを薄く付けながらの乳首責め、全身リップ、ハンドで存分に高めていただきストレスなくベッドで1回戦、大量発射でございました。
今回は覆面レポですので総合評価はなしですが、4.5点以上は付く逸材かと思います。

それにしてもすすきのソープってローションをベッドプレイで積極的に活用する文化があるように思いますが、上手に使っていただくと非常に気持ち良いですね。
店舗型ヘルスが盛んな地域ですので、ローションの使い方なんかも似てるのでしょうか。吉原なんかでは〇ットのときは別としてベッドではあまりローションを使うことはないような気がするのですが…。


FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。


【風俗よもやま話】思いは反応しないと伝わらない!?

以前とある姫さまとプレイ後の雑談でこんなことを言われたことがあります。

「大佐はね、ホントにやり甲斐があるの」

たぶんその姫さまに入るのが2回目ぐらいだったと思います。新人マークが取れたか取れないかぐらいの頃でした。
一生懸命サービスして下さいましたので「今日もすごく気持ちよかったです。まいりましたm(_ _)m」と御礼申しあげたときのことです。

「やり甲斐あるからいつも以上に一生懸命やっちゃった(笑)」

リップサービス(?)もあるとは思いますが、「大佐はすごく反応がいい。攻めるとめちゃめちゃよがるし喘ぐし」とほめて下さいます。
「イッたあと死んだようになってるから、ホントに感じてくれたんだなと分かるし」と笑って仰られたのには赤面モノだったのですが(笑)

と申しますのも姫さまはどちらかというとあまり攻めることに自信がなくて、一生懸命やってるつもりでもお客さんの反応はイマイチ。ちゃんと発射までは導いてはおりますし「気持ちいい?」とお聞きしたら「気持ちいいよ」とは言われる。アンケート結果もまずまずなのですが、どうもプレイ中のお客さんの反応があっさりしてるので「果たして自分のテクニックが他の子と比べてどうなのか」ということに自信がなかったのだそうです。

大佐に言わせれば姫さまは大変なテクニシャンで詳細は割愛しますが(ちょっと恥ずかしくて書けない)、丁寧にポイントを突いて攻めてこられるものですから毎回全力で喘いでしまってるわけです。こんなオヤジが若い子にヒイヒイ言わされてお恥ずかしいことです。

おそらく他のお客さんも同じくらい、あるいはそれ以上に感じていて満足してお帰りになっておられたのだとは思うのですが、大佐みたいに全力で喘ぐタイプではなかったのでしょう。
男のプライドが邪魔してしまうのかもしれませんが、ここは風俗ですから気持ちよかったら全力で態度で示してあげた方が姫さまも安心してプレイに集中できるんだろうな~と思った次第。

このエピソードは大佐がアラサーぐらいのころの話ですが、それ以来、大佐は毎回全力で反応する日々です。
「思いは反応しないと伝わらない」「100の『気持ちイイよ』よりも1つの喘ぎ」(©なべ大佐語録)でございます。
別に演技しろということではなくてね(笑)

FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。







【速報】統計調査に疑義あり なべ大佐総裁が主張

【週刊文秋】厚〇省の不正統計調査に関連して日本風俗ストッキング党のなべ大佐総裁は定例記者会見で「他にも重大な不正の疑いがある統計がある」として「風俗嬢における毎月ストッキング着用率調査」が改竄されている可能性を指摘した。
「風俗嬢における毎月ストッキング着用率調査」(S着調査)は日本風俗ストッキング党の要望で厚〇省で毎月実施しており「姫さま方のストッキング着用率を調べる上で最も基本的な指標。党としても重視している」(飛不動政調会長)という。
調査開始以来、着用率が50%を超えたことは1度もなく毎月30%前後で推移しているが、なべ大佐総裁は「着用率は我が党の啓蒙活動の効果で確実に上昇しつつあるはず。現場の実感と乖離がある」として厚〇省の数値操作が行われている可能性を指摘した。
ただ、この指摘には明確な根拠に乏しく党内でも「さすがに無理筋。ストッキング着用率が上がらないことへの八つ当たりではないか」(複数の党幹部)との見方が主流だ。


FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。

【速報】なべ大佐総裁離党か 混迷深める日本風俗ストッキング党

【週刊文秋】日本風俗ストッキング党のなべ大佐総裁がTwitterアカウント名を「なべ大佐@日本風俗ストッキング党総裁」から「なべ大佐」と変更したことが関係者の間で波紋を呼んでいる。

なべ大佐総裁は2月20日午後Twitter上で「もうすぐ春だし名前から「日本風俗ストッキング党総裁」を外してみました」とツイートした。「もちろんストッキングは大好きです」と続けたものの、党内では「総裁が離党を含めた進退を検討しているのではないか」との観測が流れている。


本誌既報の通り(【速報】本流ベージュ派が失速 台頭する黒スト派に混迷深める総裁選 日本風俗ストッキング党)参照)、なべ大佐総裁は昨年8月に実施された党の公開世論調査で総裁派閥である「ベージュ派」が世論の支持を受けておらず「黒スト派」や「網タイツ派」に負けている現状が判明したことにショックを受けており、ベージュ派の立て直しに躍起になっていた。しかし最近仲良しの姫さまから「これいいでしょ?」と送られてきた写メが黒ストを履いた美脚自撮りだったことから「「もはやこれまで」と覚悟を決めたようだ」(飛不動政調会長)と見られている。

なべ大佐総裁は「ベージュ派」を糾合した新党構想を練っていると見られるが、黒スト派のニンニク副総裁や風小僧副総裁兼青年局長は「ストッキング愛好家の大同団結が不可欠」となべ大佐総裁の離党を慰留する方針を崩しておらず今後の動向が注目されている。

FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。




吉原「アミューズ」A さん妄想レポ②(実は3回目) すけすけミニチャイナの魅惑

最近どうもソープに行くと不甲斐ないなべ大佐。
思えば去年の吉原納め(レポはこちら)は姫さまのお手に暴発事故、今年の雄琴始め(レポはこちら)では勃ちが悪くてベッドでは役立たず。姫さまの素晴らしい○ットでリカバリーできたけど、老いというかポンコツぶりを大いに発揮したなべ大佐です(涙)。

魅力的な姫さま方に非はなく、もうひたすら自らのポンコツぶりを恥じ入るばかりなのですが、この苦境を乗り切るにはと吉原屈指の技巧派にしてチャイナドレスがめちゃめちゃ似合うスレンダー美人(レポはこちら)にオンボロマグナムを優しく鍛え直して頂くしかないと決意。
平日の代休を利用して姫予約をお願いしたのでありました。

アミューズA さんと言えば、年末の拙ブログ恒例企画姫オブザイヤー2018ではグランプリこそ逃したものの準グランプリ、最優秀プロポーション賞、最優秀○ット賞と三冠を獲得した素晴らしい姫さまです。その実力はもちろんですが何といっても最優秀プロポーション賞の受賞理由にもなっためちゃめちゃ似合うチャイナドレスが素敵なのです。
またチャイナドレスも毎回異なるというこだわり。初回は白のミニチャイナ、2回目はピンクのロングチャイナ…どちらもスレンダーな肢体にお似合いだったのですが、今回はラベンダーのロングチャイナをご披露いただきましたよ。

しかもお風呂タイムでは滅多にご披露されないという伝説の(?)透けるミニチャイナを着用してくださいました。濡れた身体にぴっちり張り付く感じがとってもセクシーなのです。
姫さまと協議の結果、「すけすけミニチャイナ」と命名(笑)。
さて肝心の戦果ですが…しっかり2回戦勤めさせていただきました(笑)。〇ットの温度管理も万全で快適な時間となりました。
吉原屈指の技巧派の技に痺れた120分でした。


■「すけすけミニチャイナ」のイメージ画像。色は実物とはちょっと違いますが。


■総合評価 4.5
引き続き高評価で据え置き。お店自体はそれほどサービス重視というわけではないかと思いますが、経験もおありで研究熱心な姫さまですのでいわゆるソープのフルサービスを堪能できる方です。そしてチャイナドレスが死ぬほど似合う伸びやかなスレンダーボディ。
歴戦の同志はもちろんですが、スレンダー好きなら「ソープは初めて」という同志諸兄にもオススメしたいですね。
いつもチャイナというわけではないようですので、着て欲しい方は事前にオーダーしていただく方がよろしいかと。

(総合評価基準)
5.0:最高!必ず指名します。
4.0:良かった!入って後悔はしない。
3.0:悪くはないが良くもない。指名はたぶんしない。
2.0:ダメ。後悔する。
1.0:最悪。金返せ。

FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。







【風俗よもやま話】なぜOtocha は面白いのか

同志諸兄が風俗に何を求めてるいるのかというのは色々あると思います。女性との癒しの時間だったり性欲の発露だったり、あるいはその混合だったり。その中のひとつとして「非日常な性体験」があるでしょう。
風俗ユーザー界隈でも最近評判をよくお聞きする五反田デリへル・Otocha(おとちゃ)はその非日常を演出することに秀でたお店です。
特定のお店をフォーカスした記事はふだん書かないのですが、今日は「なぜOtochaは面白いのか」をテーマにお話したいと思います。


■五反田デリヘルOtochaとは
拙レポOtocha①Otocha②Otocha③でもお馴染みですが、【大人のおもちゃ×枕営業×セールスレディ】というAVの人気シリーズにでもありそうなコンセプトのお店です。
バカバカしいといえばバカバカしいのですが(笑)、これを大真面目にやってしまおうというのが、The風俗であり他のお店と一線を画すOtochaの面白いところなのです。
姫さまも照れたりせずに「大人のおもちゃを枕営業で買わせようとするセールスレディ」を真剣に演じてくれます。(ちなみにプレイ中のセールスに負けて買ってもいいし買わなくてもプレイ自体は出来ます)

イメージプレイを売りとするお店は他にも数多くありますがどうも中途半端なところが多いように思います。Otocha以上にシチュエーションプレイを追求する姿勢は他ではなかなか見受けられません。
デリヘルといえばどこもかしこも似たりよったりという業界の中で「カワイイ」「美女」「巨乳」といったワードではなくコンセプトで売るというのは他店との差別化になっています。
大佐がOtochaを注目するようになったのも「枕営業」というキーワードでした。

■枕営業というコンセプトの秀逸さ
コンセプトとして男子の妄想の極致である「枕営業」を選ばれたのはお店の慧眼と申し上げても良いと思います。

イメージプレイのテーマには色々ありますが、例えば「学園系」とでもいうべきJKをテーマとしたときの最大の難点は「姫さまがどう頑張ってもリアルJKに見えない」という嘘っぽさです。当たり前ですね。とっくにJK卒業した年齢の姫さまが扮するわけですから。アラサーのJKはそういうのも好きな方もいるので一概に否定しませんが、やはり厳しい(笑)。
その嘘っぽさも含めてユーザーは楽しむわけですが、リアル感に乏しいのは否めないわけです。
「女教師」はどうでしょう。美人女教師に男子高生がいやらしく弄ばれるなんてのはAVでも王道ですが客側の男子高生がどう頑張ってもオッサンなので、ふと我にかえった時の虚無感たるやハンパありません(笑)
ナースやCAのような「職業制服系」も人気ジャンルですが、ここも「ユーザーが想定するリアル感」をきちんと演出できるかがカギになります。同志諸兄もご存知の通り現実のナースさんの制服は実はあまりエロくありません。かといってペラペラのミニスカナースみたいなのも安っぽいし、AVのナース物にあるようなほどよく清楚でエロスのある制服で「ユーザーが妄想する綺麗なナース」を演じることができるかは実は結構難しい。安っぽさやいかにもというペラペラ感を拭う必要があります。

その点「枕営業を仕掛けるセールスレディ」というのは設定としてはそれほど難しくはありません。
ブラウス+タイトスカート+ストッキングだけでリアル感は十分出せます。大佐も大好きですがAVのセールスレディ物も人気のあるジャンルです。同志諸兄も枕営業は別としても何かしらセールスレディに営業かけられた経験はあるでしょうから、ユーザーとしてもリアルにイメージのしやすいシチュエーションです。
姫さまの年齢層も20歳そこそこから30代まで幅広くハマるシチュエーションでもありますから、やりやすい分野とも言えます。

姫さまに取り組みしやすくユーザーにも人気あるシチュエーションなんですね。

■枕営業だけではない提案型スタイル
いくらコンセプトが秀逸とはいえ毎回枕営業ではお腹いっぱいになってしまいます(笑)
Otochaが面白いのは様々な新しいプレイスタイルの提案。新規もリピーターも「お、ちょっとお試ししてみようかな」という気にさせる企画が色々あります。
詳細はお店HPをご覧いただくとして、ざっと挙げると
・逆ナンパヘルスコース。これは大佐も体験しましたがクセになりそうです。Otocha③参照。
・接待デートコース。とびっこデート、相互オナニーデートのオプションもあります。
・3Pコース。通常の3P以外にも視姦3Pコースなんてのもあります。新人の女の子にただ見られながらレギュラーの女の子とプレイするという、もうよほどの変態でないと思いつかない設定です(笑)
たぶんこれからも色々と新しい企画、コースが出てくると思いますが、まさに提案型営業です。

■番外編 大人のおもちゃを使う効用
デリヘルユーザーの中には「フェラが好き。手コキでイカされると手抜き感がある(文字通りw)」という方も多いと思いますが、大人のおもちゃをプレイに併用するというは「ヤラレてる感」がなかなか良いものです。TENGA+乳首舐めなんて最強です(笑)
経験の少ない姫さまでも技量問わず確実にイカせることができる小道具でもありますし、姫さまへの身体の負担もない。姫さまに優しいツールです。

■まとめ
乱立する風俗業界の中で他店との差別化をいかに図るかはお店の発展のために不可欠です。
「グラビアアイドルのような女の子ばかり」「過激プレイが売り」なんてのも差別化ですが、前者は現実には難しいし後者は女の子の負担が大きい。
語弊はありますが「普通の女の子で差別化を図る」ことのひとつの回答がOtochaです。
Otochaにはこれからも新しいプレイをどんどん提案していただきたいですね。

Otochaを褒めてばかりですが、Otochaさんとは一切癒着しておりませんのでどうぞご安心下さい。あ、バレンタインのチョコは貰いましたが(笑)。
強いていえばOtochaも欠点はありましてオープン1年を経過したにも関わらず在籍の少なさとそれに伴う出勤の少なさというのはマイナス評価せざるを得ません。
これについては徐々に改善しつつあり優秀な新人さんの入店も相次いでいるようですので、今後に期待したいと思います。


FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。

五反田デリヘル「Otocha(おとちゃ)」③SMさんレポ(何気に3回目)

とある休日。大佐は書店で新刊を物色しておりました。最近は電子書籍で済ませることが多かったので久しぶりの書店です。書棚を眺めていると左側に人が立つ気配がします。肩が軽く触れました。

「あ、すみません」

大佐は軽く頭を下げると、書棚からお目当ての新刊を抜き出しました。するとまた左側にいる人と肩が触れます。

「ごめんなさい」

左を見るとくりっとした大きな瞳が可愛らしいお嬢さんが立っていました。何か物言いたげな雰囲気です。

「はい? 何か?」

大佐が声をかけるとお嬢さんはモジモジしながら、

「あの、今お忙しいですか?良かったらどこか静かなところに行きません? 」

と耳元で囁きます。

「え?」

と大佐。

「あの、カッコイイお兄さんだな~って。良かったら静かなところでお話したいなと思って。このあとご予定ありますか?」

とお嬢さん。こ、これは逆ナン!?(笑)
この歳にして人生初の経験です(笑)。しかもこんな可愛らしいお嬢さんと! 人生経験で上回っているはずの大佐ですからここは中年の意地を見せて動揺を押し隠しつつ

「い、いや、特にありませんけど。お茶くらいでしたら」

と答えるとお嬢さんは「よかった💛」とニッコリ。「静かなところがあるんです。行きましょ」と大佐にぴったり寄り添うと書店から出て歩き出します。ミニスカートから伸びる黒パンストが艶かしい美脚の持ち主です。

「どこかカフェでも行きますか」

と大佐が聞きましたがお嬢さんは「静かないいところがあるんです」としか言いません。道を折れると何やら妖しいホテル街へ。そしてとあるラブホテルの前で立ち止まったお嬢さんは大佐を押すようにしてホテルの中へ。

「あ、いや、こ、これはまずいんじゃないかな」

と慌てる大佐を尻目に受付を済ますと(お会計は大佐がしたw)、そのままお部屋へ連れ込まれてしまったのでした…。






えー、まいどお馴染み120%なべ大佐の妄想と言いたいところですが半分は実話です。
五反田デリヘルOtocha(おとちゃ)と言えば枕営業×大人のおもちゃというAVのシリーズ物にでもありそうなコンセプトで有名ですが、昨年秋から始まったのが「逆ナンパヘルスコース」。お店HPによると「制服ではないプライベートいわゆる私服の女性社員たちが休日を返上して、日ごろお世話になっている得意様の皆様を逆ナンパするというエンターテインメント」だとか。
都内某所で上記のようなシチュエーションで待ち合わせると、可愛らしいお嬢さんに逆ナンされてしまうわけです。

今回お願いしたSMさんと言えば拙ブログ年末恒例企画姫オブザイヤー2018では「準グランプリ」「最優秀美脚賞」を受賞された若手のホープですが、いつもはお店コンセプトの白ブラウス+タイトスカート+パンストというコスチューム。
これはこれでご馳走なのですが(笑)、今回の「美脚OLさんの休日」的な私服もまた可愛らしいわけです。

姫さまは最後までしっかり「街で中年男をナンパするお嬢さん」をしっかり演じてくださいますので、大変楽しくドキドキする時間を過ごさせていただきました。

逆ナンですので初めて会った設定でシチュエーションプレイになる訳ですが、リアルに初めてお会いする姫さまだとまた味わい深いシチュエーションプレイが楽しめるでしょう(お店もそれをオススメされてます)。


■総合評価 4.7(+0.1)
「職場にこんな子がいたら間違いなく勤労意欲が高まる」タイプのかわい子ちゃんなわけですが、今回は「美脚OLさんの休日」「街で中年男をナンパするお嬢さん」という新たな一面をご披露下さいました。
元々枕営業をコンセプトとするシチュエーションプレイには定評のあるお店ですが、非常にクレバーな姫さまですので新たなシチュエーションも難なくこなしてしまいます。
というわけで総合評価は+0.1と高評価させていただきます。
新たなシチュエーションプレイの開発も大いに期待したいところです。


(総合評価基準)
5.0:最高!必ず指名します。
4.0:良かった!入って後悔はしない。
3.0:悪くはないが良くもない。指名はたぶんしない。
2.0:ダメ。後悔する。
1.0:最悪。金返せ。

FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。




なべ大佐語録 その9

古来「風俗嬢はネット掲示板に書き込みされて一人前、個スレが立ったら一流嬢の証」と言われますが、めでたく個スレが立ったなべ大佐です。こんにちは。三流ブロガーなのに恐縮です(笑)

さて先月に続きまして大好評(?)のなべ大佐語録第9弾です。

■俺は俺の好きな店にしか行かないよ

こういうブログやってますとね、思い出したように湧くんですわ。「いつも同じ店ばかりですね」というクソコメ(笑)
だから言ってやるんです。「俺は俺の好きな店にしか行かないよ」って。
拙ブログは同志諸兄との交流の場、大佐が良いと思ったお店、良いと思った姫さまをご紹介するところですから、用事がなかったら来てもらわなくていいんですよ。
色んなお店が見たかったらヘブンさんとかソープスタイルさんを見たらいいんじゃないのかな。

■クソリプ・クソコメにも三分の理

Twitterでのクソリプ、ブログでのクソコメ。どんなにクソみたいなリプライ・コメントにもそれを発信した人間がいる限りそこには感情があるわけで、どんなに気持ち悪くても粗雑には扱えないなとも思うんです。
そういう意味で三分の理だと思ってるので一応丁寧に対応するようにはしてましたが、大佐もマザーテレサみたいな人格者じゃないですし、今後はイジってイジってイジり倒したいと思います。
イジり甲斐のないつまらないクソコメは無視します。

■ソープにおける姫さまとの相性とは「快適に思う室温」が一致するかどうかである

寒がりの大佐が「ちょうど良い室温だなあ」と思ってるタイミングで姫さまが「暑いよね。エアコンつけるね」なんてことがよくあります。この温度感覚というのは個人差があるので難しいもの。同時に真っ裸で120分いる上に〇ットなんかもするわけですからお互い暑かったり寒かったりの感覚が一致してないと快適でないわけです。これがまさに相性なのです。

■〇ットの巧拙は温度管理で決まる

上の言葉とも被るのですが、技術的なことはさておき「〇ットが上手だな~。気持ちいいな~」と思える姫さまは例外なくお客に合わせた温度管理が上手です。リラックスできる環境を作れるかどうかですね。リラックスすれば安心して我々はイケちゃうわけですから(笑)

■お店の場がすべて

最近の姫さま方は写メ日記やらSNSで発信したり自腹で有名スタジオでパネル写真撮ったりとご苦労が多いですが、結局は「お店の場がすべて」なのです。お店でお客さんに満足してもらえるか。そこにすべての結果があるのです。
逆にお客もそうです。DMやLINEで延々と雑談するのではなくお店に行くかどうか。「お店の場がすべて」なのです。



FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。

閑散期こそお遊びはいかが?

例年12月からお正月くらいにかけては風俗業界は年間最大の繁忙期となるわけですが、今季はいつもより遅く始まりあっという間に終わってしまったようで、Twitter上では閑散期を嘆く姫さま方のツイートを目にすることが増えました。



健闘していらっしゃる姫さまも多いようですが、6割くらいの姫さま方は閑散期を実感されてるようですね。

繁忙期はなかなか予約の取れない人気嬢の予約も取りやすいかもしれません。ご興味のあるお店や姫さまがいらっしゃいましたらチャンスですよ!

大佐ももちろん計画しておりますよ(笑)


FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。
プロフィール

fc2user58229d

Author:fc2user58229d
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR