FC2ブログ

吉原よもやま話③ ソープランドに未来はあるのか(後編)

前編からの続きです。

「分かりにくさによる敷居の高さ」が若者を呼び込めていない原因ではないかという仮説を立てました。お金があっても行かない人は行かないし、リアルな性に興味がない人に営業アプローチしても仕方ない。
それなら大多数を占めるであろう「興味はあるけどきっかけがない」とか「不安先行でなかなか行動に出れない」という層をいかに引き込むかです。
そこで経験してもらって「今日は楽しかった。また来たいな」と思ってもらわないと裾野は広がりません。

今はネットで何でも調べられる時代ですから、お店HPだけでなく風俗情報サイト(シティヘブンなどの商業サイト、日本ピンサロ研究会のような非商業サイト)や個人ブログも含め様々な情報源があります。
拙ブログもソープランドに限らず風俗遊びの楽しさを伝えたいと思っておりますが、やはり一番頑張っていただきたいのは事業主体であるお店です。

例えばこんな企画はいかがでしょうか?

■吉原1日お遊びツアー
ソープランドお遊びが初めての若者世代を対象にお遊びや料金の仕組みの解説、吉原エリアの歴史散策、グルメを体験してもらい最後は協力店舗で割引価格のお遊び体験。吉原はとバスツアーみたいな(笑)

■U30(30才以下)限定割引ウィーク
30才以下のお客さんを対象にしたダイナミックな割引価格の設定。入浴料無料でサービス料のみとか難しいですかね。

■「私をソープに連れてってU30」
これはオジサンパワー期待(笑) 30才以下のお客さんと一緒に来店されると同行者も大幅割引を受けられるサービス実施。

ある姫さまが仰っておられた「吉原は固定客が各店ぐるぐるとまわってるだけで吉原全体としては新規のお客さまが減っているのでは」という危機意識へのひとつのアイデアです。
所詮オジサンの考えることなのでできれば他の同志諸兄やお若い方のご意見も聞いてみたいですね。

FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。



プロフィール

fc2user58229d

Author:fc2user58229d
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR