FC2ブログ

【速報】姫オブザイヤー2018 継続開催へ

【30日協同】日本風俗ストッキング党は中止が決まっていた「姫オブザイヤー2018」について中止を取り止めて当初予定されていた来月31日に実施することを発表した。
詳細については後日発表される。現在閉鎖中のソープレポはそのままだが、ノミネート対象者にはソープ部門も含まれるとしており、「総合評価4.5以上」が対象になることも発表された。少なくとも10名がノミネートされる模様。
例年ソープ勢が強かったグランプリだが、今年は年間最高ポイント(4.9点)を叩き出したすすきのヘルス嬢の参戦で昨年以上の激戦になることが予想されている。


FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。

ご報告

世間をお騒がせしている風俗ブロガー(ソープブロガーと呼ぶ人いるけど違うからね)のなべ大佐でございます。

この一週間つらつらと色々なことを考えておりました。たくさんの方から応援、励まし、感謝、同情、苦言、誹謗中傷、意味不明(いやホントに意味不明なんですよ)とメールやらメッセージ、コメントやら頂戴致しました。多くが応援、励まし、感謝のメッセージでムカデより嫌われてる風俗ブロガーという人種にとっては有難くて涙が出るくらいです。

基本的にはすべてのメッセージに返信させていただきました。もし返信なかったとしたら見落としてるか、よっぽど意味不明で返信しようがなかったかどちらかです。すみません。

さてそのなかで考えさせれたメッセージとしてさる御方から頂いたものがありました。業界の現状とオリンピック規制への危機感を温かくも真摯なメッセージで伝えて下さいました。
ソープランドという業態を愛する者としてたいへん共感できるものでした。

ご承知のようにソープという業態は極めてファジーというかグレーな法規制の上に成り立ってる業界です。
拙ブログとしては、将来的にソープランド業界にご迷惑をかけることになることはしのびなく、ソープに関するレポについて閉鎖することにいたします。実際には鍵を掛けて読めなくしたのですが、パスワードは管理用のものなのでパスワード開示されることは未来永劫ありません。
読者レポも申し訳ないのですが閉鎖させていただきました。内容を改めて精査しようかとも思いましたが、たくさんありすぎて少々手間ひまかかるものですからご容赦ください。精査が済んだものについては順次公開させていただきますが、ソープ系は公開しません。

今後は非ソープ系風俗レポと雑談ネタ(拙ブログの最大の特徴?)が中心になろうかと存じます。ソープもお店の紹介くらいはしたいと思いますが。
レポご要請頂いていたソープ嬢の皆さまには大変申し訳ありませんが事情ご賢察いただければ幸いです。「レポしなくてもいいから遊びに来て!」というお誘いには喜んで応じさせていただきます。
非ソープ系風俗についてはこちらに記載したルールに従って精力的に活動したいと思っておりますので、よろしくお願いします。レポ要請にも鋭意応じて参ります。

なお本措置に伴いまして「姫オブザイヤー2018」は中止となりますが、グランプリ・準グランプリ・MVSPの姫さまには年内に個別に結果発表をお伝えいたします。賞品は例年通りご容赦ください(笑)
またレポ原稿まで読んでいただき掲載をお待ち頂いていた姫さまも申し訳ありません。ご理解いただければ幸いです。


FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。



拙ブログ(レポ)について思うこと~ムカデの所感

世の中の姫さま方にしてみれば、風俗ブログ(レポ)なんてのは地球上で最も嫌悪すべき存在で、風俗ブロガーともなればもうムカデより嫌われている存在です。
恐ろしくて我が日本風俗ストッキング党の公開世論調査でも取り上げたことはありませんが、もしもアンケートを取ったら、
■嫌い 95%
■好き 1%
■無関心 4%
ぐらいになることは容易に想像できますし、フリー回答欄には「抹殺したい」「市中引き回しのうえ磔」「東京湾に沈めたい」「竹島は韓国領」「トランプは○○」と残虐な言葉のオンパレードになることは必至。もうネット世界の片隅で日陰者としてコソコソするしかないわけです。
最近仲良しのある姫さまから「私は大佐のことブロガーって思ったことないの。あまりにも良い人だから」と言われた時には嬉しさ半分、「あ~、やっぱりブロガーって悪者イメージなのね」と全米が泣いてしまいました。後から「これ良い意味だからね!」と念を押されたのですが(笑)。

世の中にはソープスタイルとかkakubutsu、京風などなど商業サイトの口コミ(レポ)も数多あり、何と業界ガリバーのシティヘブンも口コミ機能を始めるとの話を聞くにつけ、大佐のような個人商店(あ。別に仕事でやってませんよ。趣味です)はますますネット世界の片隅で細々と暮らしていこうと思っております。

そんなふうに嫌われ者の風俗ブログですが、風俗ユーザーには読んでくださる方も多くて拙ブログにもたくさんの方が日ごろからコメントを寄せてくださいます。有難いことです。また時々直接存じ上げない姫さま方からも「応援してます」「更新楽しみにしてます」とメッセージを頂くこともあるものですから改めて生きてて良かったと思います。

何で風俗ブログ(レポ)が嫌われながらも種々存在するのかと言えばやはりユーザーのニーズがあるからです。
別に風俗に限りませんが、世間では口コミサイト(ブログ)流行り。ホテル、レストラン、美容院などなどからAmazonのレビューなんてのもそうでしょう。

とにかく世の中のあらゆるサービスと対になって口コミサイト(ブログ)が商業サイト、個人問わず存在するわけです。
サービスなり商品の買い手として「お金を払って対価としてサービスを購入している」故にユーザーとして評価したいという思いが生まれるのでしょう。これ自体は至極当然のこと。そしてそういう口コミを参考に我々はモノやサービスを購入しています。

風俗も「お金を払って性的サービスを購入している」という点では他のサービス業と何ら変わりはありません。
とは言うものの風俗は姫さまという個人が対象になることが多い上に性というものが絡むだけに、そこへの配慮は必要です。レストランやホテルとの口コミとは一律にできないでしょう。誹謗中傷や個人攻撃なども他のサービス以上にあってはなりません。
表現も抑制的であるべきだと考えます(なのでエロ小説みたいなレポは個人的にはあまり好きではない)。

「だからすべての姫さまが風俗レポを受け入れるべき」と申し上げるつもりはまったくありません。それではあまりに優しさがありません。ムカデは嫌っていいけれども、ムカデが存在することは認めていただきたいし、ムカデより怖いネット掲示板だってあるのです。

そうはいってもネット上で評価を受けることが大好きだという人は少ないでしょうから、姫さま方が「書かれることが嫌だ」という気持ちは否定しません。
同時に現在も姫さま方から頂戴している「ぜひ私にも遊びに来てレポしてほしい」というお声にはできるだけお応えしたいと思っております。
エリアや時間、財布の問題もありますから全部というのは難しいので気長にお待ちください。
やっぱり宣伝ツールのひとつですし、そこは大いに利用していただければ。ある有名ブロガーさんが「バカとブロガーは使いよう」と仰ってましたがその通りです。

さて拙ブログも開設4年目、常に試行錯誤を続けておりますが、この1年ほど一部試行的に姫さまに事前に打診してご了解をいただくこと、場合によっては原稿を事前に見て頂くこと、時には表現の仕方などで姫さまのご希望で書き改めたりすることなどを実施しておりました。今後はそれらをルール化します。

「なべ大佐のレポはヨイショレポ」とは某掲示板でも叩かれたことがありますが(笑)、姫さまにチェックいただくことでヨイショ度が増すかというとそんなことはなく、書き手として「これは事実ではないだろう」というようなことにはなりません。姫さま側も極めて常識的に対応してくださいます。その過程で掲載に至らなかったということはありませんでした(掲載後に「やっぱり掲載取り下げしたい」との申し出はありご希望に応じています)。
今後双方合意に至らず掲載に至らなければそれまで、別にその事実を公表することもありません。

もともと拙ブログは「地雷を晒す」というより「良嬢、良店を紹介したい」という思いでやってます。
「悪貨が良貨を駆逐する」ではなく「良貨が悪貨を一掃する」業界になってほしいので、姫さまの良いところ頑張って下さってるところをご紹介しています。
またレポに限らず風俗に関する様々な話題を提供し同志諸兄とおしゃべりする場でもあります。
レポについてはそんなスタイルを今後も志向していきたいと考えておりますので、ご理解の程よろしくお願いします。

あと少し気になったこと。
「プレイ中にレポのことや点数を考えながらプレイするなんて気持ち悪い」というご意見。
そんな器用なことしてません(笑)
大佐を接客されたことのある姫さまは皆さんご存知ですが、大佐はプレイを満喫して満喫しすぎて終了後は真っ白な灰になってしまうのでそんな余裕はないです。
帰ったあとの反省会は同志諸兄もされると思いますが、大佐の場合もいわば1人反省会の延長で思い出しながらレポを書いてます。なので細かいことは結構忘れてます。ストッキングの色が何色だったかはもちろん覚えてますが(笑)、姫さまがパイパンだったかナチュラル気味だったかもよく覚えてないくらいです。世の中のレポ投稿者やブロガーさんがなぜあんなに精緻なレポが書けるのかお聞きしたいくらいです。
大佐のレポはディテールに乏しく「ただの感想文」と酷評されることもありますが、大佐はそれでいいと思ってます。別に劣情を煽るエロ小説を書きたいわけではありません。

そして「男女の行為をレポなんてけしからん」「個人が何様のつもりだ!」とのご意見について。
そもそもプライベートのセックスをレポするような輩は異常ですが、我々は性的サービス購入者ですよね。サービス購入者がサービスについて意見や感想を書いているだけなんですが…。
姫さまが言うのはまだしも客がそれを言うのは自分も性的サービス購入者なのに何を言ってるんだろう?この人は風俗を何だと思ってるんだろう? 壮大なファンタジーの中にいるのだろうか? 商業サイトの一般投稿レポは良くて個人運営のレポがダメなのかしら?
といささか気味悪く思っております。たぶん大佐とは永遠に理解し合うことはないのでこの件で議論する気はありませんが、ムカデの所感として申し上げました。

次回は大佐がなぜこのブログを始めたのかというお話が出来ればと思っております。また読者レポについても改めて。
長文お読みいただきありがとうございました。

FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。

今回の姫予約に関して

Twitterでご覧になった方はご存知かと思いますが、今回の私の姫予約についての行動に関しまして、ご迷惑をかけた姫さまには改めてお詫び申し上げます。

経緯についてご報告します。

【経緯】
①18日深夜、以前から注目していた相互フォローしていただいた姫さまのTwitterにて24日に空き枠があることを知り、姫予約用のメアドにメールにて姫予約をお願い。
②翌19日7時25分に予約受け付けていただいた旨の返信あり、予約成立。この時点では予約者=なべ大佐であることは姫さまには分からない状態です。

このときに自分自身気付いていなかったのですが、いつもTwitter経由で予約するときは「風俗ブロガー」であることを明かしレポについてご了解いただくことをルールとしております。しかし今回は姫予約メールにその旨を記載しておりませんでした。失念です。
(なおTwitter経由でないときは基本的に覆面レポです)

③予約成立から5時間半後の19日13時に姫さまに改めてDMにて以下の内容をお伝えしました。
・自分が風俗ブログを主宰する「なべ大佐」であること。
・今回の登楼をレポしたいのでご検討いただきたいこと。
・もしレポ不可であれば今回の予約は諦めること。
④同日14:28に姫さまより返信があり、「レポは不可であること」「予約はキャンセルでよろしいか」とのご連絡がありました。
⑤私は「キャンセルさせて下さい」との旨と御礼申し上げ返信。

【問題点】
今回の自身の行動の問題点について書きます。
(風俗レポの存在自体の是非は別として)

①Twitterで相互フォローしていただいている姫さまに姫予約お願いする際には「なべ大佐」であることを明かしてレポについても打診するルールにしていたにも関わらず、それを失念し姫予約お願いしてしまったこと。
②後付けで「なべ大佐」である旨をご連絡しレポ掲載のお願いをしたがレポ不可とのことでご予約キャンセルしてしまったこと。

①については私に非があります。
②についても同様です。せっかくいただいた姫予約の機会でありレポ無しで登楼することも考えましたが、風俗ブログの存在自体に良い感情をお持ちでないことが窺えたため、断念しました。キャンセルしたことは事実でこれも私に非があります。

【Twitter上での出来事】
その日のうちに姫さまが、このことについて「なべ大佐」の名前は伏せてツイートされました。
私も簡単ですが経緯とお詫びのツイートをし、姫さまにはDMにて今回の件についてお詫び致しました。このDMについては姫さまがツイートされてますのでその通りです。

【最後に】
いずれにしても私の風俗ユーザーとしての行動は軽率で配慮に欠けたものでした。ご迷惑をかけた姫さまにお詫び申し上げます。

また本件に関してTwitter上で多くの方から今回の行動についてご批判をいただきました。前述の通り私に非があることでご批判はその通りです。改めてお詫び申し上げます。

また風俗ブログの存在について問う声もありました。姫さま方を中心に良い感情を持っていらっしゃらない方が多いことは承知しておりますが、私は風俗ブログはきちんとした体験情報をお伝えし、正当なお客としての評価を発表する場として拙ブログを運営しています。
ご理解下さいとは申しあげませんが、存在することはお許しいただきたいと思います。
またブログを盾に私が姫さまに不当な行為を強要しているというような根拠のないツイートも拝見しましたが、そのようなことは一切ありません。事実無根です。
なお余談ですがレポについては姫さまからご要望があった場合などは掲載取り下げをしております。過去に自身のレポで2件、読者レポで2件該当がありました。理由については「目立ちたくない」「卒業するから」などです。


今回の件に関しましてご心配や励ましのメッセージを頂戴したことには有難く思っております。本当にありがとうございました。

以上で今回の経緯のご報告とお詫びについての記事とさせていただきます。お読みいただきありがとうございました。









読者レポ147 雄琴・フォーナイン(ginoさん)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

読者レポ146 吉原・鹿鳴館(mitoさん)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

吉原「石榴」 Aさんレポ 汗ばむグラマラスボディ 大人かわいいのに乱れちゃう

「お好みのタイプは?」と尋ねられると「長身スレンダーな女子アナ系美人」と答えてるなべ大佐ですが、もうひとつお好みのタイプがありまして、それは「大人かわいいタイプ」。大人の女性としての風格もありながら少女のような可愛らしさもある…素敵です💜

【なべ大佐的「大人かわいい」女性の代表】
◆石田ゆり子さん(女優)


◆川田裕美さん(フリーアナウンサー)


◆松尾由美子さん(テレビ朝日アナウンサー)


なんとなく雰囲気わかりますでしょ?

意外といそうでいらっしゃないのがこのジャンルなんですが、ある日Twitter上で見つけてしまったんです。大人かわいいタイプの姫さま。吉原の某高級店に在籍されておられます。さっそくTwitterフォローさせていただき、ツイート拝見してるとますますその感が強くなります。
フォローさせていただくようになって数ヶ月。いよいよ満を持してご指名です。なべ大佐的インスピレーション、当たるかどうか…。
その姫さまは吉原の高級店・石榴
のAさん(22) T164 B86(E )W58H86のグラマラスボディ。石榴は大佐も初めてのお店なのですが、結構お部屋が広くて立派だとか。あと混合店なのですが、彼女はS着です。

さて当日。送迎場所の上野駅浅草口から電話すると送迎車が出払ってるらしくタクシーでお越し願いたいとのこと。久しぶりに登楼の際にタクシー利用しましたが、最近の運転手さんってお店の名前を言っても場所分からないのね。場所としては吉原公園の近くで分かりやすいんですが。

お店に着くと受付でタクシー代を精算していただき待合室へ。独立したソファが10脚以上並んだ広い待合室です。120分67kお支払いし、お茶を啜りながら待つこと暫し…。ボーイさんからお声がかかりエレベーター(吉原には珍しくエレベーターがある)で姫さまとご対面です。さて大佐ご指名のAさんは…。

おぉ!可愛らしい! 先の大人かわいい系御三家で言うならば3番目の松尾由美子アナ系統です。あるいはAV女優の大島優香さん的イメージ。ま、某掲示板でネタになってる通り、目の悪さには定評のあるなべ大佐ですが(笑)
お二方とも小柄ですが、姫さまはスペック表記通りの長身グラマラス系。爽やかなワンピースの上からも分かるEカップバストになべ大佐のオンボロマグナムもフライング気味です(笑)
今日のお部屋は4階だったのですがエレベーターで上がります。ドアが閉まると同時にニッコリ微笑んだ姫さまとDK。Twitterでやりとりもありましたので初めてのような気もせず、お話も盛り上がります。

お部屋も広いですね。吉原標準の2倍とは言わないまでも1.8倍くらいはありそう。
お部屋に入るとあらためてご挨拶。 姫さまったら「すごいドキドキして変な汗かいちゃいました」とか仰るもんですから、アシスト脱衣もそこそこに腋舐めを敢行するなべ大佐でした。う~ん、大変美味しゅうございました(笑)(©料理記者歴40年・岸朝子センセ)
恥ずかしがる可愛い姫さまと大いに打ち解けたところで、ベッドに押し倒されると姫さまは舌を大佐の口から乳首からマグナムから足まで入念に這わせます。波状攻撃のように訪れる快感にくらくらしてくる大佐です。
オンボロマグナムも絶好調でS着すると騎乗位で責め立てられます。舌と指先も同時並行でしっかり這わせられるものですからもうダメでございます。正常位に体位変換し1発大量発射と相成りました。

小休止のあとはお風呂へ。グラマラスボディを湯船で抱くとまたいいよね~(*´ω`*)
○ットプレイも良かったです。柔肌の感触もさることながら足裏から何からしっかり舐めていただき、非常にエロかったです(笑) ローションが姫さまの髪に掛かってしまうのも厭わぬ献身的な○ットプレイに超久しぶりに○ットでイケるかなとも思ったんですが、自信がなかったのでベッドへ移動。マグナム的には好調だったんですが、一戦目で弾を撃ち尽くしたらしく不発。そのままマットで頑張った方が良かったかなぁ。これは大佐の戦術ミスです。
時間も押せ押せになってしまったんですが、それでも非常に満足度の高い120分でした。

【姫さま評価】
■ルックス 4.5
大人カワイイっていいですね~。優しげな雰囲気で。改めて思いました。あとフェラして頂くときの目線とかね。エロいんです。ドキドキします。
キツネ顔(北川景子さん系)、タヌキ顔(石原さとみさん系)でいうとタヌキ顔の姫さまですが、プレイ中の潤んだ瞳がオジサンにはたまりません。

■スタイル 4.5
お肌すべすべの非常に抱き心地の良いボディです。ふわふわの天然モノEカップも最高です。マットのときも吸いつくようでたまらんです。スレンダー系ではなくグラマラス系ですが、柔肌に包み込まれるよう。○ットプレイもある泡姫さまとしては理想的なボディと言えるでしょう。

■プレイ 4.5
大人カワイイのに乱れちゃう…とでも言うべきプレイスタイル。献身的に尽くして下さる感がとてもよろしいです。○ットのときに足の指まで舐めることはよくありますが、今回足の裏を舐めていただきました。めっちゃ興奮しちゃったんですけどこれやっぱり足のツボなんですかね?(笑)

■総合評価 4.5
各項目ともバランス良く高得点、総合評価も4.5と高評価させていただきました。後半の押せ押せなどプレイの進行という点では見直す余地もありますが、これはなべ大佐の戦術ミスでもありますし、全体での「プレイの楽しさ」を考えれば些末なことですのでまったく減点評価にはなりません。
120分があっという間に感じる…これこそが姫さまの真骨頂かと存じます。
またなべ大佐が寒がりということで室温も高めにキープしてくださり快適でした。でもたぶん姫さまは暑がりなんですよね。緊張されてたのもあるのかもしれませんが、汗ばんだボディはなべ大佐の興奮をそそりご馳走でございました(笑)

(項目別評価基準)
5.0:大変優れている 4.0:優れている 3.0:標準
2.0:良くない 1.0:悪い
(総合評価基準)
5.0:最高!必ず指名します。
4.0:良かった!入って後悔はしない。
3.0:悪くはないが良くもない。指名はたぶんしない。
2.0:ダメ。後悔する。
1.0:最悪。金返せ。


FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。



過剰サービス論争に思うこと

なべ大佐は近所に行きつけの居酒屋があります。老夫婦+バイトのおばさんひとりで切り盛りしてる小さなお店です。通い出して10年くらいになりますかね。週1ペースで飲みに寄りますし、週末には家人を連れて行くこともありますから立派な(?)常連です。
常連になると融通も利くし、他にお客さんがいなかったりするとお通しなんかもちょっと豪勢なものが出てきたり、料金をおまけしてもらったりとかして嬉しかったりするわけです。
こういうのはやはり全国チェーンの居酒屋みたいな画一的なサービスとは違い、客によって若干サービスの差をつけてるわけで、厳密に言えばサービス業としてはあまりよろしくはないんでしょう。不公平と言われちゃうからね。

姫さまのサービスというのも似たようなところがありまして、姫さまと客の関係性によって「そのお店での標準的サービス」をちょっと超えるサービスを受けることがあります。
例えばソープなら即即サービスがないお店なのに即即してくれる、コスプレがないお店なのに姫さまが私物のコスプレでおもてなししてくれる、ミニスカ生足のお店なのにベージュのストッキング履いてくれるとか(爆)

これは姫さまが好意というかサービスとして提供してくださってるわけなので、さっきの老夫婦の居酒屋で言えば「常連さんに豪勢なお通しを出してくれた」のと似たような話です。
一見さんが「あっちの常連と俺のお通しと全然違うじゃねえか」といちゃもんをつけるというのは粋じゃないというか、非常に恥ずかしいことです。
同様に「ネットでは即即してくれるって書いてあったのに何で俺にはしてくれないんだ!」と非・即即店の姫さまに向かって怒るというのはメジャーリーガー級に恥ずかしいことです。
デリヘルにおける○番行為も同様です。大佐は「デリヘルは○番禁止だから○番なんてないんだー」と脳内お花畑みたいなことは申しません。コトの是非はともかくとしてデリヘルでも○番行為が一部あることは厳然たる事実です。ただ「俺にもやらせろ!」と迫るのは違うだろうと。そいつは粋じゃないし恥ずかしい。○番行為を肯定してるわけじゃないですよ、念のため。

もちろん標準サービスを提供しない姫さまがサービス地雷と指摘されることは当然だと思いますが、過剰というかプラスαのサービスはお客が要求するものというよりは姫さま方の心意気でやってくださるもの。
そこの線引きを忘れないようにしたいものです。


FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。


読者レポ145 雄琴「ガールズファンタジー」(にゃんきちさん)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

アマンクロス⑦レポ 「せ、先生…」という妄想

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
プロフィール

fc2user58229d

Author:fc2user58229d
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR