FC2ブログ

読者レポ58「彩花」(サジタリアスさん)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

【妄想NEWS】日本風俗ストッキング党、支持伸ばす 二桁獲得の可能性も

【週刊文秋】某知事率いる新党が失速するなか「キワモノ政党」と見られていた日本風俗ストッキング党が急速に支持を伸ばしている。同党は区域内にソープ街を抱える東京14区(吉原)、滋賀1区(雄琴)、岐阜1区(金津園)など8小選挙区と各ブロックの比例代表に候補者を擁立。小選挙区での議席獲得は厳しいと見られているものの各地で与党候補に対し善戦している。比例代表では無党派層にとどまらず自民支持層、野党支持層にも浸透しつつあり「隠れ風俗ファンの支持を集めている」(大手紙政治部記者)と見られている。

同党が「規制緩和による風俗産業の健全な発展」「風俗産業に従事する女性の待遇改善」を訴えていることは風俗嬢の琴線に触れているようで、22日の投票日は日曜日で出勤する風俗嬢が多いことから「不在者投票で日本風俗ストッキング党に投票しよう」との動きがネット上で広まっている。また「オキニに22日の姫予約を頼んだら『日本風俗ストッキング党に投票してから来てね』と言われた」(都内在住の会社員)と草の根の投票呼び掛けも広まっているようだ。

「争点が明確でないなか風俗に特化した同党は一定の支持を得ている」とする政治評論家の権田原茂三氏は「姫さま方の草の根の呼び掛けは相当影響力がある。男は女の子のお願いに弱いですから。比例で二桁獲得の可能性もある」と指摘している。

与党優勢の観測もあるなかで今後の日本風俗ストッキング党の動向が注目される。


FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。

即即

秋の雄琴遠征の予定が諸般の事情で中止になってしまいがっかりのなべ大佐です(涙)
「ことゆう」(あがりゃんせがやってるホテル)の予約までしてたのに!

最近、もうご卒業された姫さまからLINEを頂きました。デリヘル出身でソープ経験ない子です。
彼女は拙ブログのことを知ってて感想を送ってくれるんですが、その中で「現役のとき嫌だったお客さん」として「プレイ前のシャワーした後にトイレに行く人」を挙げていました。
「シャワーの意味ないよね!!!本当に嫌で、でもどうやって回避したらいいのか分からなくてしばらく悩んだ」とLINEで激おこぷんぷんまる(古いw)だったのですが、そう考えると高級ソープならデフォルトの「即即」ってすごいな~と改めて思った次第です。

実を言うとなべ大佐はそんなに即即にこだわりがなくて、夏なんかむしろ先にシャワーしたいくらいなんですが、かといってデフォのサービスなのにそれをしてもらえないというのも「アンタ、臭いんだけど」と姫さまに言われてるみたいでガラスのハートのなべ大佐としてはちょっと辛い(笑)

せいぜい登楼前にはできるだけ清潔にしておくとか、脂ぎってる夜には極力登楼しないとかで小綺麗な状態で遊びに行こうとは思うんですが…。

同志諸兄は「即即」にこだわりはございますか?
確かにプライベートの○ックスのときは絶対シャワーしてからコトに及びますから、そういう点では高級ソープならではの非日常感なんでしょうし、興奮するシチュエーションなのは間違いないけど(笑)


FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。





【シリーズ・ソープを考える②】待合室を考える

前回の「予約システムを考える」にはコメントありがとうございました。同志諸兄によって様々な見方、捉え方がありまして大変興味深いです。引き続きコメントお待ちしております。

さて記事を書いたあとに某店のボーイ氏からお聞きしたのは「この業界はご新規さまのキャンセルが本当に多い」ということ。なので利用実績の有無で事前予約について一定区別を設けざるを得ないという考えのようです。
もちろん体調不良や急用でキャンセルせざるを得ないことはありますが、非会員のキャンセル率は相当高いようですね。姫さまだって当欠されるわけですからそこはおあいこだと思いますが(笑)、せめてキャンセルするにしても出来るだけ早めに連絡するなどの配慮は必要です。ドタキャンは売上機会の喪失になってしまいますからね。「信用第一」という表現をボーイ氏はされてましたが、お店もお客さんもお互い信用第一でいきたいものです。

さて【シリーズ・ソープを考える】の第2弾は 「待合室を考える」 です。
待合室はお店に上がって最初に通されるところ。お店の顔と言っても過言ではありません。待合室が綺麗か、調度品、ボーイさんの接遇などお店の印象を左右します。

そして待合室は「ソープランドという非日常空間への入口」です。お支払いをしたり、フリーの方はパネルを見ながらボーイさんと相談したり、お茶を飲んで一服したり…と姫さまとの邂逅に備えた準備をします。ここまでは、ある意味「女人禁制」ですね(笑) ボーイさんとお客さんだけの世界。
案内時間が来てボーイさんからお声がかかると階段下へ。ドキドキしながら姫さまとご対面。ボーイさんの「いってらっしゃいませ」のお声を背に姫さまとお部屋へ。ここからは姫さまとお客さんの世界…というのが一般的な流れ。

そんななべ大佐の常識を打ち破ったのが拙ブログでもたびたび紹介している雄琴のフォーナインとアマンクロス。詳細は拙レポや読者レポをご覧いただくとして、アマンクロスに至っては待合室で○ェラまでしちゃいますからね。
これは画期的です。 単なる待合室が非日常空間と化してしまうわけです。
なべ大佐なんかはアマンクロスに行くようになった最初の1年くらいは姫さまは正直誰でもよくて待合室から始まる非日常が楽しみで登楼してたくらいです。(今はオキニさんがいますから違いますよ)

それほどお店としての魅力と特色が出せる待合室なのですから、各店とももう少し工夫して良さそうです。「非日常の演出は待合室から始まっている!」わけです。

というわけでなべ大佐がお店に提言したい待合室改革は…。

①フォーナイン流「整列」を取り入れよう!

接客する姫さま全員が待合室に全員登場して整列してご挨拶→個々にお客さんとお部屋へ。複数の姫さまを目の当たりにできるのは相当インパクトあります。
②姫さまによるお茶だし
「整列」は各回のスタートを揃えないとできないので、複数の時間コースがあるお店だと難しい。そこで空いている姫さまがお客さんへのお茶だしをやってみてはどうでしょう。姫さまにとっては次回へのアピールタイムにもなりますし、ただのお茶だしではなくひとつのアトラクションになります。お茶だしが無理なら待合室へのお出迎えでもいいんですけどね。

姫さまによるお茶だしは過去に吉原のお店でもありましたが最近はどうなのかな。ミンクのお茶だしはなくなったけど牛若丸はまだやってるのかしら。
アマンクロス流「待合室プレイ」はハードルが高そうなので、まずはこのあたりから始めてみてはいかがでしょうか?

もうひとつ、これは建物構造や設備の問題もあるので難しいんですけど待ってるときに行くトイレ。あれ、ボーイさんにいちいち断らないとダメじゃないですか。待合室の外にひとつしかないお店が多いから仕方ないんですが、トイレの数を増やして自由に行けるといいんですよね。なべ大佐は頻尿なので(下品でスミマセン)余計そう思います。川崎ラグジュアリーとか雄琴フォーナインみたいに自由に行けるのが理想でございます。



FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。


 

お店との縁結び



なべ大佐がフォーナインに初めて登楼したのは今から2年前の夏のこと。今にして思えばラッキーとしか思えないのですが、そのときお相手いただいたのは伝説の名姫・TMさんでした。(2015年8月「雄琴遠征記 フォーナインへの道」参照)

当時も今も出勤が少ない上にとにかく予約が取れない絶対的No.1の姫さまです。
アラサーと思われましたが色白でかわいらしいルックス、スベスベの美肌と柔らかなボディライン、爽やかなお顔立ちに似合わぬ大胆なプレイ…理想のソープ嬢を絵に描くとこうなるんだろうなと思わせる名姫でした。
帰りの身支度をしてるときに姫さまに櫛で髪をとかしていただいたのも印象深いです。それだけのことなんですけど、姫さまにそんなことしてもらったことなかったのでいたく感じ入りましたし、「こういうところが名門店でNo.1を張ってる理由なんだろうなぁ」と思いました。

知らないとは恐ろしいことで、「No.1の予約取れてラッキー」ぐらいにしか当時は思ってませんでしたが、登楼機会が少ない遠征組のなべ大佐には予約困難過ぎてもう二度とお会いすることはできないでしょう。なぜあのとき普通に電話で予約が取れたのか今でも謎です(笑)

さて初回登楼ですぐにフォーナイン党になってしまったわけですが、やはり最初にお会いした姫さまの力が大きいなと思います。
ところがなべ大佐の場合、不思議なことに「そのお店で初めて接客いただいた姫さま」をリピしたことないんです。
退店されてしまったという不可抗力のこともありますが、

・初めてのお店で良嬢に出会う

・他の姫さまも試したくなり再訪する

・何回か姫さまを替えて通ううちにオキニができちゃう

・最初の姫さまと縁遠くなりリピしづらくなる

というパターンが多いです(笑)
フォーナインの場合は他のオキニさんが出来ちゃったこともありますが、そもそもTMさんが予約困難過ぎるというのが最大の理由。

拙ブログでもそのお店の人気姫を「絶対女王」とか「エース」とか称号で呼ばせて頂くことがありますが、彼女に限っては在籍してるのにたぶん二度と会えないであろう「伝説の名姫」となべ大佐的には称するしかないわけです。

同志諸兄が通ってるお店も多々あるとは思いますが、そのお店で初めてお会いした姫さまって自身とお店の縁結びをしてくれたわけで懐かしく思うことが多いんじゃないでしょうか。


FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。



【シリーズ・ソープを考える①】予約システムを考える

今回から【シリーズ・ソープを考える】としてお客さん目線でソープランドについて色々提言したいと思います。第1回は「予約システムを考える」です。

以前にも書いたことがありますが、なべ大佐はソープに行くにしろデリヘルを呼ぶにせよお遊びは事前予約派です。
1,2週間先の遊べる日程・時間が決まってから「さてどこにしようか」と考えるので、急遽思い立って「よし!今日行こう」ということはほとんどありません。最近は雄琴遠征もあるのでますますスケジュールを立てるようになりました。
若いころは「思い立ったが吉日」とすぐに電話してお店に行ってしまうことが多かったのですが、やはりそれだと失敗することも多いし、なかなか人気姫の予約は取れません。
というわけで1週間前予約が基本のなべ大佐です。

そんななべ大佐にとって困るのが「前日予約」のお店。会員(お店利用したことがある)は1週間前から予約できるが、非会員(初めてそのお店に行く)は前日の○時からでないと予約できないというシステムです。これだと人気姫は既に会員予約で埋まってしまい新規客はなかなか予約できないということになりかねません。新規客の集客の重大な阻害要因ともいえます。
なかには川崎のラグジュアリーグループのように姫予約以外は前日予約と当日予約しかないというお店もあります。これだと週末の予約解禁時間は壮絶な予約争奪戦で電話が繋がらないということになります。これは会員、非会員問わず相当なストレスです。

姫予約も常連さんへのサービスとしては魅力的ですが、新規客には縁のない話。また今夏、雄琴某店で発生したと言われている姫予約と通常予約の大規模なダブルブッキング問題(姫予約とお店を通した通常予約でダブルブッキングが発生し店側が姫予約を優先して通常予約したお客に予約変更を要請した)があるとお店の予約管理責任や「なぜ正規に予約した通常予約が軽んじられるのか」という根源的な問題が残ります。

某グループのように担当ボーイさんと携帯番号を交換しておくと頼めば1週間以上先の予約も仮予約という形で受け付けてもらい1週間前の予約解禁と同時に正式予約として確定してくれる制度もありますが、これもHPなどで明文化された仕組みではなく不透明な部分です。

なべ大佐がお店に提案したいのは、「ストレスなく公平な予約システム」です。

①すべての予約は1週間前から。会員・非会員の区別はしない。
②姫予約自体は否定しないが、1週間前以降はお店の通常予約のみ。


の2点なのですが、同志諸兄のお考えはいかがでしょうか。
【シリーズ・ソープを考える】としましたが、第2回以降のテーマはまったく白紙です(笑)
さて、次は何を考えようかしら?

FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。

【妄想NEWS】日本風俗ストッキング党、国政進出へ。マニフェスト発表

【毎朝新聞】野党再編問題も絡んで動向が注目される日本風俗ストッキング党は総選挙に100名規模の候補者を擁立し本格的に国政進出を目指すことを明らかにした。
結党当初は「キワモノ政党」と見られていた同党だが隠れ風俗ユーザー、隠れストッキングフェチを糾合して総選挙の台風の目になると見られている。

日本風俗ストッキング党は2日に都内で記者会見を開きマニフェストを発表。「ソープランドの新規出店規制を緩和し実質的な建替規制を撤廃する」ことを柱とする内容で早くも業界関係者から注目されている。
現在のソープランドは条例で新規出店が規制されており老朽化した建物建て替えも出来ない状況。「多くのソープランド店舗は築年数が30年以上で老朽化は深刻。改修で凌いでいるが建て替えを認めないと将来的に営業自体立ち行かなくなる」(大手ソープランド幹部)と憂慮されていた。

日本風俗ストッキング党のなべ大佐総裁は記者会見で「現在の法規制はそこで働く人びとやユーザーを無視した悪法となっており改善を求める」と説明した。またマニフェストでは「風俗の安心と安全」「スペック表記の透明性確保」を掲げており、無意味な規制を撤廃した「ソープランド新法」で業界の健全化と自由化を促進し創意工夫に満ちたソープランド産業の発展をサポートするとしている。
また野党再編問題に関連してなべ大佐総裁は「志ある同志は個々に歓迎するが党まるごとというのは考えていない」としており、某知事率いる新党とは一線を画することを明言した。

党是である「2つのS着(ストッキング着用とスキン着用)」がマニフェストに盛り込まれなかったことについて、なべ大佐総裁は「風俗の多様性も我が党の良さ」と話しており、党内に根強いNS容認派、生足容認派との調整に苦慮していることが伺えた。
「東京五輪を控え規制強化が懸念されるなか風俗ユーザーの大同団結のために2つのS着に固執すべきではない」(党幹部)という党内世論を重視したものと見られている。

一方、強硬派の多いストッキング重視派からは「スキンはともかくストッキング着用は党の根幹。マニフェストに盛り込まないのは納得できない」と反発する声が上がっており、総選挙に向けた不安要因となっている。


FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。
プロフィール

fc2user58229d

Author:fc2user58229d
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR