FC2ブログ

クソリプ撲滅委員会ふたたび(その2)

前回記事「クソリプ撲滅委員会ふたたび」で貴重な「クソリプラー基本生態調査」を公開させていただきました。

©写真AC
今回は「クソリプラーは実際に来店するのか」との観点で調査しましたのでご報告します。

【クソリプラー基本生態調査その2】



閲覧用の回答数を除くと来店する、しないの比率は3:4。およそ4割のクソリプラーは来店するという結果となりました。
通説では「クソリプラーは来店しない。つまり営業効果がないので相手にするだけ無駄である」と言われていただけに非常に衝撃的なリサーチとなりました。
本リサーチの信頼性は今後も検証していく必要はありますが、来店意欲のあるクソリプラーをいかにして顧客化していくか、風俗店としても検討していく必要があるかもしれません。
但し精神的に非常に疲弊する仕事になりますので労力と効果の兼ね合いで言うとあまりオススメはしませんが…。

FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。


拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。



クソリプ撲滅委員会ふたたび

拙ブログでは1年半ほど前に「クソリプ撲滅委員会」なる記事で風俗嬢の営業アカウント(以下「姫アカ」)へのクソリプ問題について取り上げました。
詳しくはお読みいただければと思いますが、当時吉原界隈で有名クソリプラー(通称「無理しないでねの人」)が問題になっていたことから関心を持ち取り上げたものです。

©写真AC

あれから月日が経ちました。当時はTwitterを本格的に始めて日が浅かったので情報としても十分ではありませんでした。
その後サンプリングを進める中で一口にクソリプと言っても多種多様であること、またリプされるツイ主にとっては不快であるとは思いますが傍から見てると非常に笑えるものであること、などが明らかになってきました。「SNS社会に咲いた徒花」とも言えるかもしれません。

■クソリプラーがクソリプする理由
日本風俗ストッキング党ではTwitterで活動する男性クソリプラーを対象にクソリプする理由を尋ねる公開世論調査を行いました。これは国内初の試みでありクソリプラーの生態を研究する上で非常に貴重なリサーチです。

【クソリプラー基本生態調査 2020年3月実施】


回答で「その他」が多いのは結果閲覧のためご覧になった方が多かったためと推測されます。
だいたいこの手のクソリプする人=お店に来ない人というのはよく言われるところですが、姫アカの歓心を買ってワンチャン狙いなのかというとそれは少ないようです。
姫アカとしては集客目的のアカウントなのですから来店意思のない男性などそもそも眼中に無いとも言えますが。
多かったのは「女の子からリプ貰えることが嬉しい」「クソリプすることが楽しい」という回答でした。
完全にSNS上での絡みのみが目的化していることが改めて浮き彫りになりました。
こういったクソリプラーに対してどのように対応するかは難しいところです。興味を持って実際に来店してくれることもないとは言えませんので。
ただ往々にして過度な粘着リプが多いのでまともに相手にしていると疲弊してしまいます。集客目的の手段としては極めて非効率であること、集客目的なのであれば他にするべきことはあるだろうというのが大佐の私見であります。
しかしながら面白いことは面白いので引き続き注目してまいります。

FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。



【緊急調査】新型コロナ騒動と登楼意欲についての動向調査

新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるなか風俗需要が急激にシュリンクしつつあることは同志諸兄もご承知の通りです。日本風俗ストッキング党では【緊急調査】として風俗ユーザーの動向を調査いたしました。

【新型コロナ騒動と登楼意欲についての動向調査】


回答者の過半数が「関係なく利用・利用予定である」と答えており「割引やイベントがあれば利用する」との回答も合わせると全体の7割弱は登楼意欲を有しております。

一方で「お店の存続に関わる状況」「風俗人生で初めてお茶引いた」「お店全体で日中の来店ゼロだった」等厳しい状況を伝える声も多数耳にしております。
風俗事業はその大多数が中小零細企業であり経営基盤が脆弱であること、業種的に公的支援はほとんど期待できないこと、姫さま方は完全フルコミッション的な報酬体系であり接客数の減少は著しい収入減になることが懸念されます。

先にお伝えしたように日本風俗ストッキング党では党員に対して積極的な登楼を呼びかけておりますが(参照:
【速報】日本風俗ストッキング党、総裁特別指示発令へ 全国の党員に登楼指示
)、同志諸兄におかれましては引き続き積極的なお遊びをお願い申し上げます。

FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。

高級店?

ソープにおける総額料金の序列と違ってデリヘルの場合はあまり明確な基準がないようで猫も杓子も高級店を名乗る傾向があります。

一応拙ブログでは「高級デリヘル」の定義を

①コース時間が90分以上で短時間コースがないこと
②90分50k以上~の料金であること
③プロフィールの紹介文がお上品であること(笑)

としております。
③は結構重要でして「巨乳美少女降臨!舐め心地揉み心地バツグン云々」みたいなのは料金が高くても高級デリヘルとは言えません。
「美しく咲き誇る一輪の百合の花」「月夜に輝く潤んだ瞳」とか書いているわけです。ある姫さまが「フランス書院文庫みたい(笑)」と仰ってましたが言い得て妙だなと。
東京の高級デリヘルといえば「マダム麗奈」「クラブアイリス東京」「麹町プルミエール」が老舗御三家として有名ですが、最近は乱立気味。有象無象のところも多いようですのでご注意ください。



FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。

そのビジネス、誠実ですか? 「なんちゃって超高級」に思うこと

良心的なビジネスをしておられる方にはお許しいただきたいですが、風俗ビジネスは全体として虚偽表示、不当表示がまかり通っている業態なのは同志諸兄もよくご存知の通りです。
要するにあまり誠実とは言えないビジネスをしてるお店が多い。

警察や保健所よりも消費生活センター国民生活センターに通報した方が効果があるんじゃないかと思いますが、寡聞にしてそういう事例は耳にしません。
「パネルは浜辺美波さん似のかわい子ちゃんだったのに実物はドズル・ザビだった」「柳ゆり菜さん似の美ボディと聞いていたのに実物はアッガイだった」とかどう見ても虚偽表示だと思うんですけどね。

価格の不当表示という点では風俗業界は一部の悪質業者を除けば比較的明朗会計です。
料金表で明示してある金額以外のお金をぼったくるというのはあまり聞きません。

とは言うものの問題がないわけではありません。これは価格帯がお店のランク分けに直結してる吉原ソープにおいて顕著ですが以前拙ブログでも取り上げた「なんちゃって超高級」「なんちゃって高級」問題なんかは不当表示の一種みたいなもんじゃないですかね。(過去記事はこちら)

最近見つけた吉原ソープX店は公式ホームページで以下のような表示をしています。

■入浴料120分 30,000円

吉原では総額表示せず入浴料のみ表示するのが一般的。サービス料は問い合わせないと教えてくれないのですが、入浴料が30k+サービス料50k=総額80k。ランク分けでは超高級店のカテゴリーです。
ところがX店は恒常的な割引で入浴料20k~25k割引、新人割引なら入浴料無料としています。つまりパターンによりますが総額は50k~60k。すなわち大衆店と高級店の間くらいの価格帯になるのです。
これを「超高級店のクオリティをこんなに安い価格で遊べる!」と取るか「超高級店を謳っておきながら実質的には…」と取るかは実際に利用してみないとなんとも言えませんが、はてさて?

FC2ブログランキングに参加しました。ポチっとしてくださるとうれしいです。





拍手も管理人の励みになります。面白かったらクリックお願いします。




プロフィール

fc2user58229d

Author:fc2user58229d
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR